fc2ブログ

タグ:「アライソコケギンポ」

2021年八幡野9/26-1-

2022.06.10(Fri) | EDIT

3日前に潜った伊豆海洋公園のお隣、八幡野で潜ってきました。
1本目は「あじ根」方面へ。
エントリーする前にガイドさんから
アカカマスの群れの中に、バラクーダがいたというお客さん情報があったんです。
探してみてもらえませんか?」と、頼まれたので
まずは、アカカマスの群れをじっくり見てみます。
2021年9月26日1八幡野・アカカマスの群れ
何度も探しましたが、結局バラクーダの姿は確認できず、移動。
穴から顔を出している、ちょっと体色の薄い、ニセクロスジギンポを発見。
可愛い顔をしていますが、ホンソメワケベラのふりをして魚に近づき
その体表をむしって食べる、ちょっと悪い子です。
2021年9月26日2八幡野・ニセクロスジギンポ
砂溜まりでは、綺麗な体色のスジベラと、それに寄り添うように泳ぐカミナリベラ
さらにその周りで遊ぶ、ブダイの幼魚がいます。
2021年9月26日八幡野3スジベラ・カミナリベラ・ブダイの幼魚
ガイドさんがお客さんに何か教えているので、覗いてみると
フィコカリスシムランスでした。
中央の丸い、ゴミみたいなヤツです(笑)
2021年9月26日八幡野4フィコカリスシムランス
アライソコケギンポ
よく見ると、目がこちらを向いています。
愛嬌のある表情に、おしゃれな皮弁。そして意外と強気な性格。
ダイバーにとっては普遍のアイドルです。
2021年9月26日八幡野5アライソコケギンポ
美しい胸鰭の裏側を見せてほしいのですが、Oつがいのお願いを無視して
堂々と動かない、サツマカサゴ
2021年9月26日八幡野6サツマカサゴ
結局遊びすぎて、あじ根まで行けず、手前で引き返して1本目のダイビング終了。
スポンサーサイト



2017年IOP8/20-2-

2018.05.03(Thu) | EDIT

伊豆・夏合宿のラストダイビングは、砂地から1番を回ってみます。
まずは、アライソコケギンポにご挨拶。
2017年8月20日IOP1アライソコケギンポ
しばらく撮影していると、気分が乗ってきたのか、ガオ〜ッとポーズを決めてくれました。
2017年8月20日IOP2アライソコケギンポ
砂地まで行くと、クロホシイシモチの幼魚でしょうか、小魚が群れています。
キラキラ輝いて綺麗です。
2017年8月20日IOP3群れ
群れの下で睨みを利かせている、ソラスズメダイ
好きな魚なんですが、目つきが・・・
2017年8月20日IOP4ソラスズメダイ
伊豆海洋公園の名物に住んでいた、アカスジウミタケハゼ
2017年8月20日IOP5アカスジウミタケハゼ
この名物が、何かと言いますと・・・
正体はポスト。
手紙を投函すれば、ちゃんと届きます。
ヒトデも、どこかに送ってほしいのかな?
2017年8月20日IOP6ポスト
さらに砂地を探索していると、ムスメベラ(♀)が泳いできました。
どことなく優雅な動きに、綺麗な体色。好きな魚の一つです。
2017年8月20日IOP7ムスメベラ(♀)
1番に移動してくると、ホンソメワケベラにクリーニングされ、
気持ち良さそうに縞模様を出している、メイチダイがいました。
2017年8月20日IOP8メイチダイ
岩の窪みに佇んでいたのは、イチモンジハゼ
2017年8月20日IOP9イチモンジハゼ
何度でも撮ってしまう、キンチャクダイ
2017年8月20日IOP10キンチャクダイ
浅場では、ツユベラ(幼魚)を発見。
何度見ても、成魚との姿の違いに、驚かされます。
2017年8月20日IOP11ツユベラ(幼魚)
神経質な、ミヤコキセンスズメダイ
証拠写真程度ですが、なんとか撮れました。
2017年8月20日IOP12ミヤコキセンスズメダイ
これにて、2017年伊豆夏合宿は終了。
Fさん、また来年お待ちしています。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR