fc2ブログ

タグ:「アズキウミウシ」

2016年大瀬崎3/26-3-

2017.02.19(Sun) | EDIT

3本目は、土・日・祝限定のダイビングポイント、先端へ。
いつも先端では、ハナダイの仲間を見に、やや深場へ行くのですが
この日は3本目ということもあり、浅場をサクッと回ります。
最初に見つけたのは、イヤゴハタの幼魚。
Oつがいにとって、イヤゴハタといえば「富戸」のイメージがあり
以前、大瀬崎で見たのはいつだったかわからないくらい、久しぶりの登場。
2016日3月26日大瀬崎1イヤゴハタ(幼魚)
岩の間にいた、オルトマンワラエビ
小さなハサミを振り回して、Oつがいを威嚇してきます。
2016日3月26日大瀬崎2オルトマンワラエビ
移動中、Oつがいの目の前を、小さな粒がたくさん漂ってきました。
どうやら、近くでウミシダが放卵したようです。
2016日3月26日大瀬崎3ウミシダの抱卵
近くにいたのは、このウミシダ。君が放卵したのかな?
2016日3月26日大瀬崎4ウミシダ
海藻のクッションの上で休憩中の、大きなヒラメ
2016日3月26日大瀬崎5ヒラメ
移動中の、アズキウミウシ
2016日3月26日大瀬崎6アズキウミウシ
こちらは、おしゃれな個室で休憩中の、セトミドリガイ
2016日3月26日大瀬崎7セトミドリガイ
この後は夕食後、ナイトダイビングです。
スポンサーサイト



浮島ナイトダイビング5/3-2-

2014.07.09(Wed) | EDIT

それでは、浮島ナイトダイビング後編です。
浮島のナイトで、やたらと見かけるのが、このハオコゼ。
この日の個体数は、いつもより少な目でした。
5月3日ハオコゼ
前半で登場したのとは別個体の、スナダコ
5月3日スナダコ2
何故か、小さなイカやタコに好かれる、Oつま。
この日も、Oつまの指の間に、逃げ込んできました。
返してあげようと、手を砂に突っ込んでも、なかなか離れてくれません。
5月3日スナダコ3
常連のハオコゼを、あまり見かけない代わりに
たくさん見かけたのが、クロヘリアメフラシ
小さな目が、キュートです。
クロヘリアメフラシ1
「う~ん」と、思いっきり伸びをしている個体もいました。
5月3日クロヘリアメフラシ2
砂から顔を出しているのは、ホタテウミヘビの子供。
あどけない表情が、かわいいです。
5月3日ホタテウミヘビ
ナイトダイビングの定番、ミナミロウソクエビ
5月3日ミナミロウソクエビ
砂地を移動中のウミウシ2種。
まずは、マンリョウウミウシの幼体。
5月3日マンリョウウミウシ
もう1個体は、人気薄の、ウミフクロウ
確かに、地味ですね。
5月3日ウミフクロウ
この日、とにかく数が多かったのは、ヒラタエイ。
何個体もが、Oつがいの周りを、ビュンビュン泳ぎ回っていました。
5月3日ヒラタエイ
ガレ場には、ロウソクエビがいました。
5月3日ロウソクエビ
再び砂地に戻ったところで、この日の大ヒット、シマウシノシタを発見。
O夫、この魚好きなんですよね~。
久しぶりに見ました。
5月3日シマウシノシタ
もう、エキジットしなければいけない時間なのですが
帰り道で、次々、被写体を見つけてしまい、なかなか先に進めません。
海藻についていた、アズキウミウシに寄り道。
5月3日アズキウミウシ
今度は、ヨツハモガニ
「ガオ~」と、ハサミを振り上げ、威嚇中。
5月3日ヨツハモガニ
立ち上がれば、顔が出てしまくらいの浅場で
アイゴが、爆睡しています。
5月3日アイゴ
やっと、エキジット。
結局、潜水時間96分と、ちょっと長めのダイビング。
ダイビングサービスのスタッフも、すでに帰っていました(笑)

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR