fc2ブログ

タグ:「アカホシカクレエビ」

2023年八幡野4/15-2-

2024.01.14(Sun) | EDIT

八幡野での2本目は、砂地の根を中心に潜ります。
まずは定番の、イソコンペイトウガニ(の子供)。
オオトゲトサカの一部、色が違うところが、イソコンペイトウガニです。
2023年4月15日八幡野ビーチ1イソコンペイトウガニの子供
キッカイソギンチャクを住処にしている、アカホシカクレエビ
2023年4月15日八幡野ビーチ2アカホシカクレエビ
アカシマシラヒゲエビ
1本目は1匹でしたが、ここ砂地の根には2匹いました。
2023年4月15日八幡野ビーチ3アカシマシラヒゲエビ2個体
2本目の主役はこの魚、コクテンカタギ
山と渓谷社の「日本の海水魚」には、生息域が中部日本以南と記載されており
いっぽうネットでは、相模湾以南と書かれていたりします。
少なくともOつがいは、伊豆半島では、ほとんど見たことがありません。
2023年4月15日八幡野ビーチ4コクテンカタギ
岩の亀裂の奥には、オトヒメエビの子供がいました。
2023年4月15日八幡野ビーチ5オトヒメエビの子供
可愛いので、つい撮ってしまう、オキゴンベの幼魚。
2023年4月15日八幡野ビーチ6オキゴンベの幼魚
こちらは、オオモンカエルアンコウの幼魚。
成魚とは似ても似つかない、あどけない姿です。
2023年4月15日八幡野ビーチ7オオモンカエルアンコウの幼魚
ギンポの仲間2種。
まずは、イワアナコケギンポ
2023年4月15日八幡野ビーチ8イワアナコケギンポ
そして、シミズイソコケギンポ
皆さんは、どちらがお好みですか?
2023年4月15日八幡野ビーチ9シミズイソコケギンポ
ハチジョウタツに、コクテンカタギと、珍しい魚を見られて、充実したダイビングでした。
スポンサーサイト



2022年八幡野1/30-1-

2022.11.27(Sun) | EDIT

東伊豆の八幡野で潜ってきました。
元々は、お隣の富戸で潜る予定でしたが、海況不良の為に移動。
ダイバー用語で言うところの「富戸流れの八幡野」となりました。

八幡野に到着すると、現地ガイドさんが
「今、カメを見ました」
せっかくなので、Oつがいもカメエリアへ。
テトラポットを超えたところで
2022年1月30日八幡野1テトラポット
いました!アオウミガメです。
2022年1月30日八幡野2アオウミガメ
しばらくOつがいの周りをグルグル泳いで、去っていきました。
2022年1月30日八幡野3アオウミガメ
今、一部研究者の間で話題の、アオボシミドリガイ
何と、自切して2つに体が分かれた時、脳が無い側の体に
新たに脳ができ、完全な2個体になるそうです。
普通種ですし、今までそんなに凄い生物だとは知らずに観察していました。
2022年1月30日八幡野4アオボシミドリガイ
好きなのに中々出会えない、キセワタガイの仲間。
その中でも、お気に入りのヨコシマキセワタがいました。
2022年1月30日八幡野5ヨコシマキセワタ
毎年この場所に現れる、フタイロハナゴイ
キンギョハナダイ(下)と、ダンス中。
2022年1月30日八幡野6フタイロハナゴイ
伊豆では極めて普通種の、ウスバワツナギソウですが
綺麗なので、つい撮影してしまいます。
2022年1月30日八幡野7ウスバワツナギソウ
フタイロハナゴイのいる岩の上のサンゴイソギンチャクに、
これまたいつもいる、アカホシカクレエビ
2022年1月30日八幡野8アカホシカクレエビ
サンゴイソギンチャクの中に身を隠す、ミツボシクロスズメダイの幼魚。
2022年1月30日八幡野9ミツボシクロスズメダイ
1本目終了。
2本目は、お目当ての生物に会いに行きます。

2021年八幡野9/26-2-

2022.06.16(Thu) | EDIT

八幡野の2本目は、砂地をまわってみました。

まずは南国チックなツノダシを眺めつつ
2021年9月26日八幡野1ツノダシ
1本目に発見できなかった、アカカマスの群れに1匹だけ混じっていると噂の
バラクーダを探してみますが、やはり発見できず。
「この群れの中にバラクーダはいない」が、Oつがいの結論になりました。
2021年9月26日八幡野2アカカマスの群れ2
さて、砂地に目を向けると、若いホシテンスが。
普通なら、ピュッと砂に潜ってしまうのですが
なかなか強気な個体で、かなり近寄っても全然逃げません。
2021年9月26日八幡野3若いホシテンス
こちらは、若いアカホシカクレエビ
2021年9月26日八幡野4若いアカホシカクレエビ
この時の八幡野には、金運UPしそうとダイバーに人気の
黄金色のオニオコゼが人気でした。
初見のOつがい、「これかな?お世辞にも黄金色とは言えないけれど・・・」
2021年9月26日八幡野5オニオコゼ
昔は伊豆でヒレナガネジリンボウが現れると、ダイバーの行列ができたのですが
今では、ほぼ普通酒になっています。
2021年9月26日八幡野6ヒレナガネジリンボウ
砂地をふらふら泳いでいるこの綺麗な魚は、テンスモドキ
2021年9月26日八幡野7テンスモドキ
本日の目玉!1000本以上潜っているOつがいが初遭遇の、ウチワザメ
2021年9月26日八幡野8ウチワザメ
やはり、先ほどのオニオコゼは間違いでした。
こちらが人気の、黄金のオニオコゼ
頭の砂を払ってあげたい・・・
2021年9月26日八幡野9黄金のオニオコゼ
こちらはユラユラ泳ぐ系の、セジロノドグロベラの幼魚。
のんびり見えて、かなりすばしこいです。
2021年9月26日八幡野10セジロノドグロベラ
最後に、まわりの風景に溶け込んでいるつもりのヒラメ
思いっきりバレてます。
2021年9月26日八幡野11ヒラメ
エキジットし、ガイドさんに
「バラクーダはいないと思う」と伝えると
「私もそう思います」との事だったので、お客さんの見間違いとの結論に至りました。

2021年富戸4/18-1-

2021.09.11(Sat) | EDIT

あれから一ヶ月。ふたたび、東伊豆の富戸で潜ってきました。
ダイビングポイントは、前回と同じヨコバマです。

3月にはいなかった、クロヘリアメフラシ。
2021年4月18日1クロヘリアメフラシ
イバラタツは定位置で、Oつがいを待っていてくれました。
ちょっとだけ、大人っぽくなったかな?
2021年4月18日2イバラタツ
富戸のミノカサゴは、ダイバーのすぐそばに寄ってきます。
現地のガイドさんによると、ダイバーの行くところには
餌となる魚がいることを、覚えているからだそう。
つまり人なつっこいのではなく、根っからのハンターなのです。
2021年4月18日3ミノカサゴ
キッカイソギンチャクを住処にする、アカホシカクレエビ
2021年4月18日4アカホシカクレエビ
ありそうであまりない、タカノハダイとミギマキの2ショット。
右がタカノハダイ、左がミギマキ。
地べたでのんびりしています。
2021年4月18日5タカノハダイ&ミギマキ
成長して、可愛さがなくなりゴツくなってしまった、イロカエルアンコウ
2021年4月18日6イロカエルアンコウ
数日前に見つかった、生まれたばかりのネコザメの幼魚
まさに「手乗り」サイズです。かわいい!
2021年4月18日7ネコザメの幼魚
先月はほとんど見かけなかった、ミズヒキガニ
ガヤをつかんだハサミ脚を振りかざし、威嚇しているのが見えるでしょうか。
2021年4月18日8ミズヒキガニ
ウミテングは相変わらず、砂の上を動き回っています。
カメラに気づくと、くるくる回転してあちらを向いてしまう、困り者(笑)
2021年4月18日9ウミテング
餌がもうほとんどないので、ミズタマウミウシの仲間を見るのは
今期最後かな?
2021年4月18日10ツノザヤウミウシ
今期初登場の、サギフエ
いつも頭を下にしていて、移動する時はこのまま
上下に揺れながら移動します。
撮影のむずかしい魚のひとつです。
2021年4月18日11サギフエ
岩の上では、巨大なヒラメが休憩中。
2021年4月18日12ヒラメ
やはり一ヶ月経つと、生物層が変わり始めていますね。
2本目も楽しみです。

2020年富戸12/6-1-

2021.05.22(Sat) | EDIT

10ヶ月振りに、ダイビングに出かけました。
今回潜るのは、東伊豆の富戸です。
ポイントは、ヨコバマ。
久しぶりなので、浅いところをのんびり潜ります。

エンントリーすると、いきなり不穏な雰囲気。
左のトラウツボに、ウツボがじりじりと近寄っています。
2020年12月6日1ウツボVSトラウツボ
今にも、戦いが始まりそうな距離まで、近づきました。
あやうし、トラウツボ
2020年12月6日2ウツボVSトラウツボ
Oつがいは見たことがないのですが、ガイドさんによると
この2種が戦うと、勝つのは体の大きいウツボで
負けたトラウツボは、頭から食べられてしまうそうです。
写真を見ても、明らかにトラウツボが逃げ腰ですね。
2020年12月6日3ウツボVSトラウツボ
勝負の行方を見届けたかったのですが、長期戦になりそうなので、移動。
穴の奥で、2匹のフリソデエビが、ヒトデをむしゃむしゃと食べています。
2020年12月6日4フリソデエビ
砂地に移動すると、キュビエ器官(いわゆる内臓)を放出している、なまこを発見。
誰かにいじめられたのでしょうか?
2020年12月6日5ナマコ
綺麗なイソギンチャクの家に住む、アカホシカクレエビ
2020年12月6日6アカホシカクレエビ
可愛いマツカサウオの幼魚を見上げているのは、イタチウオ
2020年12月6日7マツカサウオ&イタチウオ
右に左に揺れ、まるで枯れ葉のような、ハダカハオコゼ
2020年12月6日8ハダカハオコゼ
O夫が大好きな、南方種のセナキルリスズメ
2020年12月6日9セナキルリスズメ
ネッタイミノカサゴは、岩の裏側にへばりついています。
なかなか広い場所で撮らせてくれません。
2020年12月6日10ネッタイミノカサゴ
パッと見ると、どこが前なのかわからない、アケウス
2020年12月6日11アケウス
上から見たら、前後がわかりました。
2020年12月6日12アケウス
キンギョハナダイの群れに紛れている、季節来遊魚のウメイロモドキの幼魚
(青地に黄色い尾)。
12月なのに、まだこんなに元気だなんて。
2020年12月6日13ウメイロモドキの幼魚
待ちに待った久しぶりのダイビング、大満足のうちにエキジット。
ところが、Oつまの装備に不具合が発生。
2本目のダイビングに、影響がなければいいのですが。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR