03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

2017年八幡野5/3-2- 

2本目は、砂地へ。
マルソデカラッパ。水底に佇んでいますが・・・
現地のガイドさんによると、2日前に昇天したそうです。
つまり、亡骸ってことですね。
2017年5月3日八幡野1マルソデカラッパの遺体
美しい胸鰭を広げ泳ぎ去る、ホウボウ。まだ若い個体です。
2017年5月3日八幡野2ホウボウ
こちらは立派な成体。大きな胸鰭を持つ、セミホウボウ
胸鰭を広げてくるのをしばらく待ちましたが、堂々たる様子のまま
じっと動かず。残念。
2017年5月3日八幡野3セミホウボウ
砂の中から、にょろんと体を出しているのは、ホタテウミヘビ
2017年5月3日八幡野4ホタテウミヘビ
ちょろちょろ泳ぐ、こちらはホウボウの幼魚。
こんなに小さくても、胸鰭にはすでに、青い斑紋があります。
2017年5月3日八幡野5ホウボウyg
立派なサイズの、ニシキハゼ
2017年5月3日八幡野6ニシキハゼ
おっ、シビレエイと思ったら
2017年5月3日八幡野7シビレエイ
うじゃうじゃいました。
2017年5月3日八幡野8シビレエイ
いつもここにいる、アカホシカクレエビ
一体、何年いるだろう?
それとも、やっぱり代替わりしているのかな?
2017年5月3日八幡野9アカホシカクレエビ
浅場に戻る途中、ボウズコウイカが、目の前を優雅に泳ぎ去っていきました。
2017年5月3日八幡野10ボウズコウイカ
砂にすっかり同化している、セレベスゴチ
どこにいるかわかりますか?
2017年5月3日八幡野11セレベスゴチ
八幡野での2ダイブ、これにて終了。
翌日は、富戸で潜ります。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: マルソデカラッパ  ホウボウ  セミホウボウ  ホタテウミヘビ  ニシキハゼ  シビレエイ  アカホシカクレエビ  ボウズコウイカ  セレベスゴチ  八幡野 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年大瀬崎4/30-2- 

2本目も、1本目と同じ、外海の門下へ。
まずは、まだ低い水温に寒そうな様子の、クマノミ
2016年4月30日大瀬崎クマノミ
綺麗なトラフケボリダカラガイ
外套膜が、ちょっと開いてしまっています。
2016年4月30日大瀬崎トラフケボリダカラガイ
ニシキウミウシの幼体(上)と、シロウミウシ(下)。
同じお年頃のようですが、何を話しているのかな?
2016年4月30日大瀬崎ニシキウミウシ(幼体)&シロウミウシ
ミツイラメリウミウシ
極小な上に黄色と、うまく撮れない条件が揃っています。
2016年4月30日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
長い間この場所に陣取っている、オオモンカエルアンコウ
2016年4月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ
定番の、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎ハクセンアカホシカクレエビ
アカホシカクレエビは、クマノミの幼魚と、共同生活中です。
2016年4月30日大瀬崎アカホシカクレエビ&クマノミ
1本目とは別個体の、ガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
3本目は、湾内でのんびり潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クマノミ  トラフケボリダカラガイ  ニシキウミウシ  シロウミウシ  ミツイラメリウミウシ  オオモンカエルアンコウ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカホシカクレエビ  ガーベラミノウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2015年大瀬崎11/22-2- 

2本目のダイビングは、シラガケII。
今回は、小さいものを中心に探してみます。
最初に見つけたのは、トラフケボリダカラガイ
貝殻と身が同じ色、綺麗な貝です。
2015年11月22日大瀬崎16
ガラスハゼ
1本目は1匹。2本目なので、2匹登場しました。
2015年11月22日大瀬崎17
ウミウシ好きの人には「そんなに珍しくない」と言われますが
Oつがいは初めて見た(ような気がする)ナマハゲミノウミウシ
2015年11月22日大瀬崎18
先ほどとは別のマダム・アカホシカクレエビ
2015年11月22日大瀬崎19
2本目のダイビング、短めで終了。
タンクには、エアーがかなり残っているので、残タンで3本目に行きます。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: トラフケボリダカラガイ  ガラスハゼ  ナマハゲミノウミウシ  アカホシカクレエビ  ダイビング 

[edit]

trackback: -- | comment: 6

2015年大瀬崎11/22-1- 

西伊豆の大瀬崎へ、ダイビングに行ってきました。
今回は珍しく、ボートダイビングです。
1本目のポイントは、シラガケI。
最初に見つけたのは、サキシマミノウミウシ
2015年11月22日大瀬崎1
シラガケIの名物、アキアナゴのコロニーへ向かいます。
ニョロニョロとたくさん出ていますが、相変わらず神経質で
全然、近寄らせてくれません。
2015年11月22日大瀬崎2
キンギョハナダイの幼魚が、小さな群れを作っています。
黒くて細長いのは、クリーナーで有名な、ホンソメワケベラの幼魚。
2015年11月22日大瀬崎3
アカオビハナダイもいます。
撮ろうとすると必ず、キンギョハナダイが割り込んできます。
2015年11月22日大瀬崎4
若いカンパチが2匹、獲物を求めてやってきました。
2015年11月22日大瀬崎5
イソギンチャクに住むマダム系、アカホシカクレエビ
2015年11月22日大瀬崎6
優雅な(でも実は獰猛な)ハナミノカサゴの幼魚。
2015年11月22日大瀬崎7
可愛らしい、オキゴンベの幼魚。
2015年11月22日大瀬崎8
キンギョハナダイの幼魚(オレンジ色)と、アカオビハナダイの幼魚(ピンク色)が
混泳しています。
2015年11月22日大瀬崎9
ガラスハゼもいました。
2015年11月22日大瀬崎10
いつもは岩の上で、ボ〜ッとしていることの多いアカハタ
悠々と、泳いでいます。
2015年11月22日大瀬崎11
伊豆基本4種と言われているウミウシの1種、シロウミウシ。
ちなみに左半分の点々は、ウツボの胴体。
2015年11月22日大瀬崎12
ふと視線を感じては、振り返ると必ず後ろにいた、イラ
2015年11月22日大瀬崎13
つい撮ってしまう、ソラスズメダイ。
この青い体色に、いつも魅了されますが、目つきの悪いところが難点。
2015年11月22日大瀬崎14
このシラガケIには、稀種のアカネキンチャクダイが2個体います。
Oつがいも目視はできましたが、神経質で、すぐに隠れてしまい
撮影は無理でした。
代わりに、普通種キンチャクダイを撮影。
2015年11月22日大瀬崎15
特に珍しい魚はいなくても、定番種をゆっくり観察できるのは、いいですね。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: サキシマミノウミウシ  アキアナゴ  キンギョハナダイ  アカオビハナダイ  アカホシカクレエビ  ハナミノカサゴ  オキゴンベ  ガラスハゼ  アカハタ  イラ 

[edit]

trackback: -- | comment: 6

富戸12/21-1- 

久しぶりに、東伊豆の富戸へ潜りに行きました。
1本目のポイントは、ヨコバマ。
エントリーし、まずは黒いイロカエルアンコウのところへ。
体色を味方にして、上手に隠れています。
12月21日富戸イロカエルアンコウ
ここから深度を下げます。
まず出会ったのは、フタホシキツネベラのペアと、キンギョハナダイ。
12月21日富戸フタホシキツネベラ&キンギョハナダイ
近くには、キンチャクダイもペアで泳いでいます。
12月21日富戸キンチャクダイ
物陰に潜んでいるつもり?の、スズメダイ。
12月21日富戸スズメダイ
オオモンハタは、ゆっくり移動中。
12月21日富戸オオモンハタ
定番のガラスハゼ
12月21日富戸ガラスハゼ
つい撮ってしまう普通種の代表格、ソラスズメダイ
12月21日富戸ソラスズメダイ
ベニカエルアンコウは、狭い岩間に体を押し込み、さらに踏ん張るという苦行中。
12月21日富戸ベニカエルアンコウ
いっぽうオオモンカエルアンコウは、大きなカイメンの上で踏ん張っています。
12月21日富戸オオモンカエルアンコウ
こちらもお馴染みの、アカホシカクレエビ
12月21日富戸アカホシカクレエビ
キンセンイシモチを探してみましたが、スジオテンジクダイばかりでした。
12月21日富戸スジオテンジクダイ
大きなサザエがいたので、ウミウシでもついていないか見てみましたが
ただの大きなサザエ単体でした。
美味しそう!と思う人もいるんでしょうね(笑)
12月21日富戸サザエ
こうして1本目が終了。
2本目はOつがいにしては珍しい、ボートダイビングです。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: キンチャクダイ  オオモンハタ  アカホシカクレエビ  イロカエルアンコウ  フタホシキツネベラ  ガラスハゼ  ソラスズメダイ  ベニカエルアンコウ  オオモンカエルアンコウ  スジオテンジクダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2