fc2ブログ

タグ:「アカスジウミタケハゼ」

2021年伊豆海洋公園9/23-2-

2022.06.04(Sat) | EDIT

2本目のダイビングは、ブリマチ方面へ。
エントリーすると、大きなネズミフグが。
ガイドさん曰く、今年は数が多いそうです。
2021年9月23日1伊豆海洋公園・ネズミフグ
少し移動すると、休憩中のアオウミガメに遭遇。
2021年9月23日2伊豆海洋公園・アオウミガメ
突然現れたOつがいに驚き、目の前を通過して
2021年9月23日3伊豆海洋公園・アオウミガメ
逃亡。
驚かせてごめんね。
2021年9月23日4伊豆海洋公園・アオウミガメ
伊豆の魚の中ではかなりの大型種の、アオブダイ
体は大きいですが神経質で、なかなか近寄らせてくれません。
2021年9月23日5伊豆海洋公園・アオブダイ
中層には、キビナゴの群れ。
2021年9月23日6伊豆海洋公園・キビナゴの群れ
そのキビナゴを狙って現れたのは、ワラサに
2021年9月23日7伊豆海洋公園・キビナゴVSワラサ
カンパチ。
2021年9月23日8伊豆海洋公園・キビナゴVSカンパチ
さらに、ツムブリまで登場。
2021年9月23日9伊豆海洋公園・ツムブリ
しばし捕食ショーを見学し、水底に目を向けると
岩の上にちょこんと乗っている、ミナミゴンベがいました。
2021年9月23日10伊豆海洋公園・ミナミゴンベ
岩の亀裂に直立していた、スジハナダイ
2021年9月23日11伊豆海洋公園・スジハナダイ
釣り針が刺さったままの、かわいそうなウツボ。
外してあげたいのですが、手が出せません。
2021年9月23日12伊豆海洋公園・釣り針とウツボ
Oつがいの様子を伺う、オキゴンベの幼魚。
2021年9月23日13伊豆海洋公園・オキゴンベの幼魚
大きなパイナップルウミウシ
どうやったら、こんな模様になるんでしょうか?
2021年9月23日14伊豆海洋公園・パイナップルウミウシ
ミドリイシの上にいたのは、アカスジウミタケハゼ
2021年9月23日15伊豆海洋公園・アカスジウミタケハゼ
何故か、この海綿にだけうじゃうじゃ住んでいる、タレクチウミタケハゼ
2021年9月23日16伊豆海洋公園・タレクチウミタケハゼ
ブルーのラインが綺麗な、ニラミギンポ
2021年9月23日17伊豆海洋公園・ニラミギンポ
写真中央、黄色い点のある魚は、伊豆では珍しいノコギリダイ
2021年9月23日18伊豆海洋公園・ノコギリダイ
触角が根本から折れて痛々しい、イセエビ。
2021年9月23日19伊豆海洋公園・ヒゲの折れたイセエビ
最初に見たのとは別個体の、アオウミガメ
食事シーンを、どこかのダイビングショップのガイドさんが撮影中。
2021年9月23日20伊豆海洋公園・アオウミガメ
さようなら〜。
2021年9月23日21伊豆海洋公園・アオウミガメ
今回も、充実したダイビングでした。
スポンサーサイト



2017年IOP8/20-2-

2018.05.03(Thu) | EDIT

伊豆・夏合宿のラストダイビングは、砂地から1番を回ってみます。
まずは、アライソコケギンポにご挨拶。
2017年8月20日IOP1アライソコケギンポ
しばらく撮影していると、気分が乗ってきたのか、ガオ〜ッとポーズを決めてくれました。
2017年8月20日IOP2アライソコケギンポ
砂地まで行くと、クロホシイシモチの幼魚でしょうか、小魚が群れています。
キラキラ輝いて綺麗です。
2017年8月20日IOP3群れ
群れの下で睨みを利かせている、ソラスズメダイ
好きな魚なんですが、目つきが・・・
2017年8月20日IOP4ソラスズメダイ
伊豆海洋公園の名物に住んでいた、アカスジウミタケハゼ
2017年8月20日IOP5アカスジウミタケハゼ
この名物が、何かと言いますと・・・
正体はポスト。
手紙を投函すれば、ちゃんと届きます。
ヒトデも、どこかに送ってほしいのかな?
2017年8月20日IOP6ポスト
さらに砂地を探索していると、ムスメベラ(♀)が泳いできました。
どことなく優雅な動きに、綺麗な体色。好きな魚の一つです。
2017年8月20日IOP7ムスメベラ(♀)
1番に移動してくると、ホンソメワケベラにクリーニングされ、
気持ち良さそうに縞模様を出している、メイチダイがいました。
2017年8月20日IOP8メイチダイ
岩の窪みに佇んでいたのは、イチモンジハゼ
2017年8月20日IOP9イチモンジハゼ
何度でも撮ってしまう、キンチャクダイ
2017年8月20日IOP10キンチャクダイ
浅場では、ツユベラ(幼魚)を発見。
何度見ても、成魚との姿の違いに、驚かされます。
2017年8月20日IOP11ツユベラ(幼魚)
神経質な、ミヤコキセンスズメダイ
証拠写真程度ですが、なんとか撮れました。
2017年8月20日IOP12ミヤコキセンスズメダイ
これにて、2017年伊豆夏合宿は終了。
Fさん、また来年お待ちしています。

2016年奄美大島11/4-4-

2017.09.20(Wed) | EDIT

2本目のダイビング後、本日も船上で昼食。
例のコンビニで調達した、おにぎりですが
昨日のように、脅されることはありませんでした(笑)
2016年11月4日奄美大島・灯台下1お昼ご飯
さて3本目のポイントは、灯台下。
エントリーしてすぐ、綺麗な場所に佇む、イシヨウジを見つけました。
2016年11月4日奄美大島・灯台下2イシヨウジ
ミズタマサンゴの上に、ちょこんと乗っかっていた、アカスジウミタケハゼ
2016年11月4日奄美大島・灯台下3アカスジウミタケハゼ
砂地でたそがれる、ワカヨウジ。
2016年11月4日奄美大島・灯台下4ワカヨウジ
クマノミは伊豆にもいますが、暮らしているイソギンチャクが
伊豆より断然、綺麗です。
2016年11月4日奄美大島・灯台下5クマノミ
灯台下にいたオトメハゼは、ペアではなく、単体でした。
2016年11月4日奄美大島・灯台下6オトメハゼ
O夫の大好きなヤクシマキツネウオが、ここにはたくさんいました。
2016年11月4日奄美大島・灯台下7ヤクシマキツネウオ
ゲンロクダイも、そこここに。
2016年11月4日奄美大島・灯台下8ゲンロクダイ
サラサハゼ
地味なハゼですが、こう見えて伊豆にはいません。
2016年11月4日奄美大島・灯台下9サラサハゼ
背鰭をピコピコ動かす姿が可愛いと人気の、ハタタテハゼのペア。
2016年11月4日奄美大島・灯台下10ハタタテハゼ
ミゾレチョウチョウウオ
群れていると、よけいに南国気分が盛り上がります。
2016年11月4日奄美大島・灯台下11ミゾレチョウチョウウオ
どことなく上品な雰囲気が漂う、ハナビラクマノミ。
2016年11月4日奄美大島・灯台下12ハナビラクマノミ
ハナヒゲウツボの幼魚を、久しぶりに見つけました。
この魚も、成長すると体色が全く変わります。
2016年11月4日奄美大島・灯台下13ハナヒゲウツボ
ヒレナガハギの幼魚。
可愛いのは、ギリギリこのステージまでかな。
2016年11月4日奄美大島・灯台下14ヒレナガハギ
イッテンチョウチョウウオも、だいぶ見慣れてきました。
2016年11月4日奄美大島・灯台下15イッテンチョウチョウウオ
ソメワケヤッコ
サンゴの隙間を、チョロチョロ泳ぎまわり、全然うまく撮れません。
悔しい〜。
2016年11月4日奄美大島・灯台下16ソメワケヤッコ
とても楽しいポイントでした。
さすがシケオくん、Oつがいの好みをよくわかっています。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR