fc2ブログ

タグ:「アカカマス」

2021年八幡野9/26-2-

2022.06.16(Thu) | EDIT

八幡野の2本目は、砂地をまわってみました。

まずは南国チックなツノダシを眺めつつ
2021年9月26日八幡野1ツノダシ
1本目に発見できなかった、アカカマスの群れに1匹だけ混じっていると噂の
バラクーダを探してみますが、やはり発見できず。
「この群れの中にバラクーダはいない」が、Oつがいの結論になりました。
2021年9月26日八幡野2アカカマスの群れ2
さて、砂地に目を向けると、若いホシテンスが。
普通なら、ピュッと砂に潜ってしまうのですが
なかなか強気な個体で、かなり近寄っても全然逃げません。
2021年9月26日八幡野3若いホシテンス
こちらは、若いアカホシカクレエビ
2021年9月26日八幡野4若いアカホシカクレエビ
この時の八幡野には、金運UPしそうとダイバーに人気の
黄金色のオニオコゼが人気でした。
初見のOつがい、「これかな?お世辞にも黄金色とは言えないけれど・・・」
2021年9月26日八幡野5オニオコゼ
昔は伊豆でヒレナガネジリンボウが現れると、ダイバーの行列ができたのですが
今では、ほぼ普通酒になっています。
2021年9月26日八幡野6ヒレナガネジリンボウ
砂地をふらふら泳いでいるこの綺麗な魚は、テンスモドキ
2021年9月26日八幡野7テンスモドキ
本日の目玉!1000本以上潜っているOつがいが初遭遇の、ウチワザメ
2021年9月26日八幡野8ウチワザメ
やはり、先ほどのオニオコゼは間違いでした。
こちらが人気の、黄金のオニオコゼ
頭の砂を払ってあげたい・・・
2021年9月26日八幡野9黄金のオニオコゼ
こちらはユラユラ泳ぐ系の、セジロノドグロベラの幼魚。
のんびり見えて、かなりすばしこいです。
2021年9月26日八幡野10セジロノドグロベラ
最後に、まわりの風景に溶け込んでいるつもりのヒラメ
思いっきりバレてます。
2021年9月26日八幡野11ヒラメ
エキジットし、ガイドさんに
「バラクーダはいないと思う」と伝えると
「私もそう思います」との事だったので、お客さんの見間違いとの結論に至りました。
スポンサーサイト



2021年八幡野9/26-1-

2022.06.10(Fri) | EDIT

3日前に潜った伊豆海洋公園のお隣、八幡野で潜ってきました。
1本目は「あじ根」方面へ。
エントリーする前にガイドさんから
アカカマスの群れの中に、バラクーダがいたというお客さん情報があったんです。
探してみてもらえませんか?」と、頼まれたので
まずは、アカカマスの群れをじっくり見てみます。
2021年9月26日1八幡野・アカカマスの群れ
何度も探しましたが、結局バラクーダの姿は確認できず、移動。
穴から顔を出している、ちょっと体色の薄い、ニセクロスジギンポを発見。
可愛い顔をしていますが、ホンソメワケベラのふりをして魚に近づき
その体表をむしって食べる、ちょっと悪い子です。
2021年9月26日2八幡野・ニセクロスジギンポ
砂溜まりでは、綺麗な体色のスジベラと、それに寄り添うように泳ぐカミナリベラ
さらにその周りで遊ぶ、ブダイの幼魚がいます。
2021年9月26日八幡野3スジベラ・カミナリベラ・ブダイの幼魚
ガイドさんがお客さんに何か教えているので、覗いてみると
フィコカリスシムランスでした。
中央の丸い、ゴミみたいなヤツです(笑)
2021年9月26日八幡野4フィコカリスシムランス
アライソコケギンポ
よく見ると、目がこちらを向いています。
愛嬌のある表情に、おしゃれな皮弁。そして意外と強気な性格。
ダイバーにとっては普遍のアイドルです。
2021年9月26日八幡野5アライソコケギンポ
美しい胸鰭の裏側を見せてほしいのですが、Oつがいのお願いを無視して
堂々と動かない、サツマカサゴ
2021年9月26日八幡野6サツマカサゴ
結局遊びすぎて、あじ根まで行けず、手前で引き返して1本目のダイビング終了。

大瀬崎1/20-1-

2013.04.10(Wed) | EDIT

サイパンから戻った、翌週。
すっかり温かい水温に慣れてしまった身体を、伊豆仕様に戻すため
西伊豆の大瀬崎へ、潜りに行ってきました。

トガリモエビがいるとの情報を聞き、1本目は、湾内へ。
目標地点まで移動中、ヤリイカの卵を見つけて、ちょっと寄り道。
反対側から、キタマクラが、早くも卵をつついています。
ヤリイカの卵
さらに沖へ移動していくと、小さな魚が、霞のように群れています。
霞のよう
近づいてみると、ネンブツダイの幼魚の群れのようです。
ネンブツダイの群れ
無事、トガリモエビの住む場所に、到着。
かなり大きな個体です。
他にダイバーはおらず、貸切状態だったのですが、ちょっと深場なため
寄り道がひびいて、ダイコンを気にしながらの撮影になってしまいました。
トガリモエビ
そろそろ、浅場へ。
移動中、なんともやる気のない、タカノハダイを発見。
目が合いましたが、逃げる様子もなく、でーんと鎮座していました(笑)
タカノハダイ
浅場には、オオウミウマがいました。
サービス精神のある子で、カメラを嫌がることなく
優雅にセクシー?ポーズを、とり続けてくれました。
オオウミウマ
砂の中から顔を出しているのは、海の中のブサカワ代表選手、メガネウオ
Oつがいを魅了して止まない、強烈な表情の持ち主です。
メガネウオ
砂の上を、ウロウロと歩き回っている、トゲカナガシラ
トゲカナガシラ1
Oつがいが近づくと、綺麗な胸鰭を広げ、泳ぎ去っていきました。
トゲカナガシラ2
砂地とゴロタの境目には、アカカマスが群れています。
アカカマスの群れ
続いて、スズメダイの群れも現れました。
スズメダイの群れ
1本目終了。
身体は、あっという間に、伊豆の水温を思い出しました(笑)

大瀬崎12/9-1-

2013.01.15(Tue) | EDIT

関西在住のダイビング仲間、GUNZO-SAN
Oつがいが、ちょうどダイビングの予定を立てた頃に、決まって
「どこか潜りに行く予定は、ないんですか?」と、いきなりメールしてきます。
我が家に盗聴器でも、仕掛けているんでしょうか?

そんな訳で、この日もピンポイントで来襲した、GUNZO-SANと一緒に
西伊豆の大瀬崎へ。
1本目は、湾内で潜りました。

エントリーすると、中層には、アカカマスの群れ。
この風景だけ見ていると、南国の海のようです。
アカカマスの群れ
季節がら水中には、クリスマスツリーが、設置されていました。
ツリー越しに撮影しているのは、噂のGUNZO-SAN。
クリスマスツリーとGUNZO
砂地を徘徊する、ウミテング
いつものことながら、どうも格好良く撮れません。
ウミテング
水中に、なぜか落ちている、しゃちほこの置物。
ミジンベニハゼのペアが、ここを住処にしています。
ミジンベニハゼのペア1
しばらく待っていると、1匹が出てきてくれましたが
背を向けたまま、こっちを向いてくれず。
ミジンベニハゼのペア2
ミジンベニハゼの側には、枯れ葉に寄り添うように
カミソリウオが、いました。
カミソリウオ
さあ、浅場へ戻ります。
中層を移動していると、アオリイカのペアが、Oつがいを追い越していきました。
アオリイカ
アカカマスの群れを見上げる、マアジ
マアジとアカカマスの群れ
アカカマスに負けじと、クロホシイシモチも、群れています。
クロホシイシモチの群れ
サンゴをバックに撮ると、絵になるツノダシですが
伊豆では、どうしても背景が地味になってしまいます。
そう言えばツノダシは、パラオから伊豆半島まで見られるので
生息域が、ずいぶん広いんですね。
ツノダシ
同じく生息域の広い、ハタタテダイ
ダイビングを始めたばかりの頃は、ツノダシハタタテダイ
見分けが、つかなかったものです。
ハタタテダイ
1本目のダイビング終了。
次は、先端に行ってみます。

初島12/12-2-

2011.02.01(Tue) | EDIT

初島でのダイビング、2本目も、フタツネへ。
富士山を見ながら、エントリーです。
dc020101 コピー1

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR