08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

2016年奄美大島11/3-3- 

2本目のダイビングが終わり、船上で昼食。
朝コンビニで「島外の人が食べたら当たるよ」と言われた、おにぎりです。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄1弁当
結果は・・・セーフ(笑)

無事を確認しての3本目は、奄美大島のダイビングポイントの中でも
かなり有名な「嘉鉄」へ。
エントリーすると、真っ白な砂地が広がり、アオウミガメが呑気に食事中。
よほどお腹が空いていたのか、ダイバーを恐れていないのか
かなり近づいても、ひたすらモグモグ、海藻を食べ続けていました。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄2アオウミガメ
さて、ここ嘉鉄に潜ったのには、訳があります。
Oつがいのリクエストしていた魚が、住んでいるのです。
シケオくんによると、もう繁殖シーズンが終わっているので
砂の中で寝ているはずと、目を凝らして探してくれました。
指示棒の先の、砂の中にいるのがわかりますか?
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄3アマミホシゾラフグ
これが、その魚。
2012年に発見された、アマミホシゾラフグです。
ニュースにもなったので、ご存知の方もいるのではないでしょうか。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄4アマミホシゾラフグ
ここ嘉鉄の砂地に、謎の幾何学模様が存在することは、以前から知られていたのですが
その理由は、わかっていませんでした。
それを不思議に思った、水中写真家の大方洋二さんが、長年にわたり潜った末
ついに、このアマミホシゾラフグの産卵床であることを、発見したのです。
シーズンは春先から夏だそうで、今回は残念ながら、Oつがいは見られませんでした。
次回は是非、産卵床を作っている現場を、見てみたいです。
ちなみに大方洋二さん、最初はこのフグに「ヨウジ(洋二)フグ」と
名付けたかったのですが、地元のガイドさんから反対され、ボツになったそうです(笑)

念願のアマミホシゾラフグに出会えて、満足したOつがいですが
シケオくんは、もっと嘉鉄を楽しんでもらいたいと、移動。
途中、のんびり泳いでいる、ホシテンスに出会いました。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄5ホシテンス
遠くに、ツカエイを発見。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄6ツカエイ
透明度が良いので、近寄ろうとした途端に、逃げられました。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄7ツカエイ
砂地から、岩礁帯にやってきました。
ここでは、ふてぶてしい、オニダルマオコゼに遭遇。
背鰭に毒があるので、誤って触ったら大変です。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄8オニダルマオコゼ
そして、シケオくんが見せたかったのはこれ、コブシメ
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄9コブシメ
Oつがいの接近に興奮しているのか、目の前でどんどん色が変わります。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄10コブシメ
気がつくとOつがいの周りは、コブシメだらけ。
久しぶりに、コブシメと戯れることができて、幸せでした〜。

続いて、伊豆にはいない、カクレクマノミ
よく、映画「ファインディングニモ」に出てくるクマノミと、間違われます。
映画に出てくるのは、クラウンアネモネフィッシュです。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄11カクレクマノミ
南国らしい、ヨスジフエダイの群れ。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄13ヨスジフエダイ
ホンソメワケベラにクリーニングされ、気持ち良さそうな、クロハタ。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄12クロハタ&ホンソメワケベラ
ダイバーにはあまり人気のない、アカヒメジですが
群れると、見ごたえがあります。
やっぱり群れは、いいですね〜。
2016年11月3日奄美大島・嘉鉄14アカヒメジ
さすが有名ポイント、嘉鉄。
面白かったです。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: アオウミガメ  アマミホシゾラフグ  ホシテンス  ツカエイ  オニダルマオコゼ  コブシメ  カクレクマノミ  ヨスジフエダイ  アカヒメジ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

PALAU 3/11-1- 

この日も、少し早起きをして、朝食の買い出しです。
dc052602 コピー1
ASANUMAに、到着すると
またしても、仕入れの、真っ最中でした。
dc052604 コピー1
朝食は、まだ温かい、スパムおにぎり(現地名Musubi)
サンドウィッチに、V8野菜ジュース。
dc052606 コピー1
-- 続きを読む --

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: マダラタルミ  タイマイ  ウミヅキチョウチョウウオ  フウライチョウチョウウオ  アオウミガメ  ツバメウオ  ヨスジフエダイ  ハクテンカタギ  オオメカマス  ツムブリ 

[edit]

PALAU 3/6-2- 

ロウニンアジの群れを、たっぷり堪能した後は
ペリリュー島に上陸して、休憩。
この小屋に、係の人が、たむろしていて
ダイビングボートが接岸すると、やおら姿を現し
ペリリュー州の、ダイビングパーミット(許可証)を、チェックします。
パラオでは、州ごとにパーミットを購入する必要があります。
dc050221 コピー1
前日、桟橋の下で、テッポウウオを見たので
二匹目のドジョウならぬ、テッポウウオを、探したのですが
この日は、お出かけ中のようで、発見できず。
その代わり、日本では珍しい、ホソスジマンジュウイシモチ
見つけました。
dc050205 コピー1
さらに、サヨリの仲間の幼魚も、泳ぎ回っています。
桟橋の下は、侮れないですね。
dc050210 コピー1
-- 続きを読む --

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ホソスジマンジュウイシモチ  ハナゴンベ  スミレナガハナダイ  フチドリハナダイ  ニチリンダテハゼ  アオウミガメ  カスミチョウチョウウオ 

[edit]

PALAU 3/5-3- 

2ダイブ目を終え、再び、ペリリュー島に上陸して
お楽しみの、ランチタイムです。
O夫のお弁当は、ジューシー弁当。
沖縄の炊き込みご飯、ジューシーでできた、おにぎりに
そうめん、おかずもたっぷり。
dc042702 コピー1
Oつまは、そうめん弁当。
密閉ポリ袋に入った、そうめんに、水少々を入れ、ほぐしてから
いただきます。
おにぎりに、揚げ物までついて、こちらもボリューム満点。
dc042703 コピー1
-- 続きを読む --

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: イレズミフエダイ  アオウミガメ    ミナミバンドウイルカ 

[edit]

PALAU 3/4-2- 

2本目のダイビングポイントは、SIAES CORNER。
1本目のガイドに、満足のいかなかった、パラオのT氏の背中からは
密かな、しかし強烈な気合いが、伝わってきます。
(つまり、密かでは、ない(笑))

エントリーすると、いきなり、どーんとアオウミガメが登場。
dc041909 コピー1
日本にはいない、オレンジフィンアネモネフィッシュ
dc041920 コピー1
ハナゴイ
こちらも伊豆にはいないので、ついカメラを向けてしまいます。
dc041924 コピー1
メアジの群れが、現れました。
dc041923 コピー1
メアジの群れあるところに、捕食者あり。
まず、カスミアジが、登場。
dc041945 コピー1
続いて、ロウニンアジも、現れました。
dc041946 コピー1
アカネハナゴイは、あちこちで、群れを作っています。
dc041991 コピー1
アカネハナゴイの群れに混ざって、ソメワケミナミハナダイや
バートレットアンティアスが、泳いでいます。
写真は、バートレットアンティアス
dc041930 コピー1
ナポレオンフィッシュも、あちこちにいますが
あえて、地味な、メスを撮ってみました。
Oつま、なぜかメスの方が好きなのです。
dc041941 コピー1
こうして、2本目のダイビングも終わりに近づき
安全停止に、入ります。
Oつまや、○しさんと「楽しかったね~」と
アイコンタクトしながら、ぼんやり浮かんでいると
突然、T氏が、意味不明な言語で、絶叫し始めました。
何ごとかと、あわてて指さす方を見ると・・・
バショウカジキが、通過中ではないですか!!
皆で、力の限り猛ダッシュして、後を追いますが
当然、巨大なバショウカジキに、追いつけるはずもなく・・・
無我夢中で、シャッターを押した1枚。
心の綺麗な人にだけ、右上に、バショウカジキのシルエットが、見えるはず。
dc0419111 コピー1
とはいえ、ぜんぜん見えないと言われると、悔しいので
トリミングしてみました。
dc042301 コピー1
実際には、体側の模様まで、はっきりと見えるほどの距離でした。

興奮冷めやらぬまま、ボートにあがった、Oつがいと○しさんは
口々に、T氏を、褒め称えますが
「いや、むこうが勝手に寄ってきただけですから、僕は何もしていません」
と、涼しい顔。
しかし、その全身から
「やっぱり、俺のガイドは、最高!」という”どやオーラ”が出ていたのは
言うまでも、ありません(笑)

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: バートレットアンティアス  カスミアジ  ナポレオンフィッシュ  アオウミガメ  アカネハナゴイ  オレンジフィンアネモネフィッシュ  バショウカジキ  メアジ  ロウニンアジ  ハナゴイ 

[edit]