fc2ブログ

タグ:「アオウミウシ」

2023年八幡野4/15-1-

2024.01.10(Wed) | EDIT

さあ、八幡野でのダイビングです。
1本目は、八幡野ビーチのイソギンチャクの根を中心に潜ります。
最初に見つけたのは、黒いイロカエルアンコウ
周囲の色と明らかに違うので、目立ちます。
2023年4月15日八幡野ビーチ1黒いイロカエルアンコウ
ゴージャスな胸鰭の、ハナミノカサゴ
2023年4月15日八幡野ビーチ2ハナミノカサゴ
岩の亀裂には、ノコギリヨウジがペアでいました。
2023年4月15日八幡野ビーチ3ノコギリヨウジのペア
ちぎれた海藻に見えますが、アケウスの幼体です。
ちゃんと生きています。
ご丁寧に長い藻まで貼り付けて、右に向かって歩いています。
2023年4月15日八幡野ビーチ4アケウスの幼体
極小のミツイラメリウミウシ
小さくても、この色なら見失いません。
2023年4月15日八幡野ビーチ5ミツイラメリウミウシ
今回、八幡野に潜りに来たのは、これが見たかったから。
これまで、ジャパニーズ・ピグミーシーホース
(ダイバーは略して、ジャパピグ)と呼ばれていた魚で
2018年に和名がついた、ハチジョウタツ
学名はHippocampus japapiguなので、ジャパピグでも間違いではないようです。
ずっと会いたかった魚ですが、実際に出会ってみると、想像以上に小さい。
さらに、大変よく動く。
写真は、残念な出来となりました。
2023年4月15日八幡野ビーチ6ハチジョウタツ
気を取り直して、アオウミウシの幼体。
昔は、伊豆基本4種と呼ばれ、どこででも見ることが出来たのですが
ここ数年、ほとんど目にしていません。
2023年4月15日八幡野ビーチ7アオウミウシ
伊豆ではちょっと珍しい、マダラフサカサゴ
2023年4月15日八幡野ビーチ8マダラフサカサゴ
一方、すっかり伊豆で普通種になってしまった、アカシマシラヒゲエビ
2023年4月15日八幡野ビーチ9アカシマシラヒゲエビ
最後に、綺麗な黒いヒラムシ。
おそらく、クロニセツノヒラムシの仲間だと思うのですが・・・
2023年4月15日八幡野ビーチ10ヒラムシ
2本目も、伊豆では珍しい魚を見に行きます。
スポンサーサイト



2017年富戸5/4-2-

2018.03.06(Tue) | EDIT

天気がいいので、2本目は久しぶりに富戸ホールへ。
ただ、ちょっとうねりがあり、砂が舞って綺麗なブルーにならず、残念。
2017年5月4日富戸1富戸ホール
富戸ホールから移動。タカノハダイ幼魚を見つけました。
ふてぶてしい大人と比べて、可愛らしいものです。
2017年5月4日富戸2タカノハダイyg
小さな貝殻を背負った、綺麗なコンシボリガイ
2017年5月4日富戸3コンシボリガイ
ムチカラマツには、ビシャモンエビ
2017年5月4日富戸4ビシャモンエビ
そしてイソバナの上には、オルトマンワラエビ
2017年5月4日富戸5オルトマンワラエビ
岩穴の奥にいた、コマチコシオリエビ
もうちょっと大きく撮りたかったなぁ。
この種のエビは夜行性なので、撮るならナイトダイビングですね。
2017年5月4日富戸6コマチコシオリエビ
トラフケボリダカラガイが、よーく見ると3個体。
2017年5月4日富戸7トラフケボリダカラガイ
アオウミウシ3変化。
まずは、通常モード。
2017年5月4日富戸8アオウミウシ
続いて、ロングバージョン。
2017年5月4日富戸9アオウミウシ
最後は、圧縮バージョン。変幻自在です。
2017年5月4日富戸10アオウミウシ
すぐに逃げられ、証拠写真レベルの、セホシサンカクハゼ
2017年5月4日富戸11セホシサンカクハゼ
うねりに乗って、どこからか漂ってきた、エビの抜け殻。
2017年5月4日富戸12エビの抜け殻
擬態上手の、テンロクケボリ
ど真ん中に写っているのですが、わかるでしょうか?
2017年5月4日富戸13テンロクケボリ
最後は、カメラマン泣かせの場所にいた、ベニカエルアンコウ
本人(魚)にとっては、居心地が良いのでしょう。
2017年5月4日富戸14ベニカエルアンコウ
1泊2日の東伊豆ダイビング、これにて終了。
2日間じゃ、あっという間ですね。

2016年富戸12/18-2-

2017.11.09(Thu) | EDIT

2本目は、脇の浜へ。
エントリーしてすぐに、衝撃の光景が!
水底に横たわるマンボウです。
2016年12月18日富戸1マンボウ
恐る恐る、近づいてみると・・・
まだエラが動いていて、目をキョロリとこちらに向けました。
2016年12月18日富戸2マンボウ
心が痛みますが、どうすることもできず。
海の仲間達の栄養となってもらうしかありません。

マンボウに別れを告げ、小さな岩の下にいる、フリソデエビを訪問。
ただいま、オレンジ色のヒトデをムシャムシャ食べている最中です。
2016年12月18日富戸3フリソデエビ
イソギンチャクに住んでいるのは、イソギンチャクカクレエビ
2016年12月18日富戸4イソギンチャクカクレエビ
この日は、カエルアンコウ祭り開催中。
まずは、岩に張り付いている、ベニカエルアンコウ
2016年12月18日富戸5ベニカエルアンコウ
続いて、撮りづらい場所に潜む、イロカエルアンコウ
2016年12月18日富戸6イロカエルアンコウ
最後を飾るのは、ダイバーに人気の、クマドリカエルアンコウ
2016年12月18日富戸7クマドリカエルアンコウ
アオウミウシの大・小でこぼこコンビ。
2016年12月18日富戸8アオウミウシ大小
写真映えのする場所で睨みをきかせる、オキゴンベ
2016年12月18日富戸9オキゴンベ
これにて2016年最後のダイビング、無事終了!

西川名6/24-1-

2012.09.15(Sat) | EDIT

房総半島西川名へ、潜りに行きました。
この時期は、トビエイの群れが見られることで、有名です。
もちろんOつがいも、他のお客さんも、狙いはひとつ。
ダイビングサービスのログを見ても、連日群れているようなので
かなり期待しながら、Cポイントからエントリー。

が・・・
ご覧のとおりの海況。真っ暗です。
しかも、耳元でゴーッと音がするほどの、強い流れ。
透明度
この透明度を見て、瞬時にトビエイの群れを諦めた、Oつがい。
マクロモードへチェンジです。
岩穴の中にいる、ゴンズイの群れを撮影しながら
いつものように、アクタウオ探しを始めました。
ゴンズイ
しかし、責任感の強い?ガイドさんは、トビエイの群れを求めて
V字谷方面へ、移動を始めました。
慌てて後を追う、Oつがい。

透明度の悪い中を移動すると、目の前に突然、魚が現れます。
当然、寛いでいた魚たちにとっても、いきなりダイバーが現れるわけで
ビクッとした後、凄い勢いで、逃げていきます。
写真は、慌てて逃げていく直前の、コロダイ
コロダイ
V字谷に、到着しました。
V字谷の主、ヒゲダイ達は、突然のダイバーの訪問にも
まったく慌てず、堂々としたもの。
「こんな海況の中、よく来るよなぁ」とでも、思っているのでしょうか?
ヒゲダイ
ここで、しばしのフリータイム。
相変わらず、流れもかなり強いので、潮陰を選んでマクロ撮影。
ビヨ~ンと、体をのばしている、アオウミウシ
アオウミウシ
コモンウミウシ
透明度が悪くても、マクロ撮影には、関係ありません。
まさに「マクロに外れ無し」です。
コモンウミウシ
V字谷を離れ、再びトビエイの群れを求めて、移動開始。
すっかりトビエイを諦めているOつがいは、移動の合間に
トラウツボを、撮影。
トラウツボ
通常この距離なら、ハッキリ見えるクエ
ぼんやり確認できる程度です。
クエ
Cポイントに戻って、1本目のダイビング終了。
この海況なら、2本目はマクロ希望のOつがいですが・・・

西川名11/27-2-

2012.02.29(Wed) | EDIT

さて、2本目のダイビングの時間となりました。
他の皆さんが、続々と船に乗り込む中
Oつがいは、てくてく歩いて、海岸へ。
ビーチへ
辿りついた先が、ここ。
そう、Oつがいの2ダイブ目は、西川名のスタッフも滅多に潜らない
ビーチです。
エントリー口

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR