06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

2016年富戸9/18-1- 

伊豆1泊2日のダイビング、最終日。
この日は、富戸で潜ります。
1本目のポイントは、ヨコバマの右側。
イソギンチャク畑を眺めながら移動していると、イソギンチャクエビを見つけました。
2016年9月18日富戸1イソギンチャクエビ
あれあれ、サラサエビがイソギンチャクの上に乗っています。
どうしちゃったんでしょう?
もう少し隠れないと、食べられちゃいますよ。
2016年9月18日富戸2サラサエビ
前日、IOPでたっぷり堪能したアカハチハゼですが、富戸にもいるというので
一応チェックしておきましょう。
2016年9月18日富戸3アカハチハゼ
少し沖側に移動してくると、イサキの幼魚の群れが現れました。
2016年9月18日富戸4イサキ(幼魚)の群れ
ツノダシのペア。
南国っぽいですね〜。
2016年9月18日富戸5ツノダシのペア
中層には、カンパチの若魚が泳いでいます。
2016年9月18日富戸6カンパチの若魚
お目当てのひとつだった、ニシキフウライウオのペア。
2016年9月18日富戸7ニシキフウライウオのペア
その近くには、カゲロウカクレエビがいました。
目を離すと、どこにいるかすぐ分からなくなってしまう、擬態上手です。
2016年9月18日富戸8カゲロウカクレエビ
2匹の、イソギンチャクモエビ。こちらはペアではありません。
小さい方の個体が、大きい方の個体のテリトリーに侵入しているようで
激しく攻撃されていました。
2016年9月18日富戸9イソギンチャクモエビのペア
写真映えのする場所にいた、シラコダイの幼魚に
ソラスズメダイを絡めてみました。
2016年9月18日富戸10シラコダイの幼魚
長い間ここに住み着いている、アカシマシラヒゲエビ
2016年9月18日富戸11アカシマシラヒゲエビ
アカシマシラヒゲエビを撮っているのに、シラコダイが何度も邪魔しにきました。
クリーニングしてもらいたかったのかな?
2016年9月18日富戸12アカシマシラヒゲエビ&シラコダイ
エキジット口の浅場に居ついていた、ミカヅキツバメウオの若魚。
2016年9月18日富戸13ミカヅキツバメウオ
いよいよ次が、今回の最終ダイビングです。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: イソギンチャクエビ  サラサエビ    アカハチハゼ  ツノダシ  カンパチ  ニシキフウライウオ  カゲロウカクレエビ  イソギンチャクモエビ  アカシマシラヒゲエビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

2016年富戸9/17 

初日のダイビング後、翌日お世話になるダイビングショップのクラブハウスへ。
ショップのスタッフさんに挨拶していると
「新しくできた温泉には、もう行かれました?」
初耳です。
早速、向かったのがこちら、富戸温泉
2016年9月17日富戸温泉1
ローカル感漂う、案内表示。
2016年9月17日富戸温泉2
駐車場に車を入れると、どこからか管理人さんがやってくるので、
先に料金を払います。
温泉は、この階段を上った先。
2016年9月17日富戸温泉3
こちらは、男湯。
2016年9月17日富戸温泉4
手作り感満載の下駄箱があり、ここで靴を脱ぎます。
2016年9月17日富戸温泉5
こぢんまりした、脱衣所。
2016年9月17日富戸温泉6
内湯。
この時は運良く貸切だったので、十分な広さでしたが
混んでいると、ちょっと狭いかも。
2016年9月17日富戸温泉7
露天風呂。
こちらもコンパクトな造りなので、駐車場がいっぱいになる程
お客さんが集まったら、かなり窮屈かもしれません。
2016年9月17日富戸温泉8
露天風呂からの眺め。
富戸の海が、目の前に見えます。
2016年9月17日富戸温泉9
温泉で汗を流した後は、夕食をとるため、伊豆高原駅へ。
2016年9月17日紅龍1
ダイビングショップの方に教えていただいた
やまもプラザの中にある、紅龍さん。
Oつがいも初めて伺うお店です。
2016年9月17日紅龍2
そこそこ広い店内。
2016年9月17日紅龍3
まずはビールで、1日の疲れを癒します。
2016年9月17日紅龍4ビール
お通しはザーサイに、ネギのラー油和え。
2016年9月17日紅龍5お通し
注文したのは、野菜タンメン
野菜タンメンに使用されている野菜は、すべてこだわりの地物だそうで
そのため、日によって具が変わるらしいです。
2016年9月17日紅龍6野菜タンメン
麺は、つるんとした平打ち麺。
2016年9月17日紅龍7野菜タンメン
いいお店を教えてもらいました。
また来ます。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: ダイビング  富戸温泉  伊豆高原  やまもプラザ  紅龍  ビール  野菜タンメン   

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年IOP9/17-2- 

2本目は、カケ上がりのあたりを、じっくり回ってみます。
まずは、お目当てだった、ハナゴイの幼魚。
こちらも伊豆っぽく、ソラスズメダイを絡めてみました。
2016年9月17日IOP1ハナゴイ(幼魚)&ソラスズメダイ
岩の隙間には、チョウチョウウオの幼魚がいました。
1本目のシラコダイといい、小さい子はみんな可愛いです。
2016年9月17日IOP2チョウチョウウオ(幼魚)
この辺りには、幼魚がたくさんいます。
コロダイの幼魚。
2016年9月17日IOP3コロダイ(幼魚)
そして、ヒレグロコショウダイの幼魚。
絶えずぴろぴろ動くので、撮影は大変です。
2016年9月17日IOP4ヒレグロコショウダイ(幼魚)
とにかく臆病で、岩の亀裂から全然出てきてくれない、ハクセンスズメダイ
2016年9月17日IOP5ハクセンスズメダイ
中層に目をやると、老成したイサキについて泳ぐ、シマアジがいました。
2016年9月17日IOP6シマアジ&イサキ
南方種のニジハギは、これまた伊豆代表のソラスズメダイと。
2016年9月17日IOP7ニジハギ&ソラスズメダイ
オクリダシに戻り、もう1度アカハチハゼに挑戦します。
この日は最大で、5匹いっぺんに泳いでいるところを目撃しました。
2016年9月17日IOP8アカハチハゼ
ヒメフエダイ
皆さんスルーしていましたが、結構珍しいと思うんだけどなぁ。
2016年9月17日IOP9ヒメフエダイ
こちらは、それほど珍しくはないはずですが
オクリダシでは初めて見た、ネズミウミウシ
2016年9月17日IOP10ネズミウミウシ
1本目では気が付かなかった、カンムリベラの幼魚もいました。
2016年9月17日IOP11カンムリベラ(幼魚)
これにて、1泊2日の伊豆ダイビングの、初日が終了。
夕食は、ガイドさんオススメのラーメン屋さんでいただく予定です。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ:   ハナゴイ  ヒレグロコショウダイ  ハクセンスズメダイ  ニジハギ  アカハチハゼ  ヒメフエダイ  ネズミウミウシ  カンムリベラ  ソラスズメダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年IOP9/17-1- 

1泊2日で、東伊豆へ潜りに行ってきました。
初日に潜ったのは、IOPです。
1本目は「あそこ」と呼ばれているエリアへ。
エントリーし、まずはハナダイ目指して一直線。
最初に見つけたのは、スジハナダイの幼魚。
2016年9月17日IOP1スジハナダイ
この時期限定、サクラダイ(♂)の群れ。
普段は、これほど一箇所には、まとまらないのです。
2016年9月17日IOP2サクラダイ
ハナダイの仲間が群れる中、イットウダイも存在を主張していました。
2016年9月17日IOP3イットウダイ
浅場へ移動中、小さなシラコダイの幼魚を発見。
2016年9月17日IOP4シラコダイ幼魚
こちらは、ずっとOつがいの後をついてきていた、コブダイ(♂)の成魚。
2016年9月17日IOP5コブダイ
「あそこ」で、一番に見たかったのは、このカミソリウオ
擬態上手で有名ですが、今まで出会ったのは全て、海藻のような体色。
ところがこのペアは、ピンクの模様まで入って、まわりの岩そっくりです。
どこにいるか、わかりますか?
2016年9月17日IOP6カミソリウオ
後に陸上で、写真の山を確認していたところ
途中から、カミソリウオの尾びれの後ろのあたりに、珍客が写っていました。
ミヤケテグリです。撮っている時は、全然気づきませんでした。
こんな深度に、いったいどこから来たんだろう?
2016年9月17日IOP7カミソリウオ
浅場に戻ると、全身丸出しでサービス精神旺盛の、ニラミギンポに遭遇。
2016年9月17日IOP8ニラミギンポ
中層では、イサキの幼魚の群れが移動中。
2016年9月17日IOP9イサキ幼魚の群れ
オクリダシに移動。
南方種の、アカハチハゼ(中央)とモンツキハギ(黄色い魚)のまわりに
ソラスズメダイを絡めて、伊豆っぽく撮ってみました。
2016年9月17日IOP10アカハチハゼ&モンツキハギ&ソラスズメダイ
2本目は、浅場を中心に潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: スジハナダイ  サクラダイ  イットウダイ  シラコダイ  コブダイ  カミソリウオ  ミヤケテグリ  ニラミギンポ  アカハチハゼ  モンツキハギ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年沖縄時間9/8 

以前から企画しては消えていた、表妙義の縦走。
今回こそはと、メンンバーを集め、横浜にある「沖縄時間」で
ミーティングを開催しました。
2016年9月8日沖縄時間1
着席すると、すぐにお通しが運ばれてきました。
2016年9月8日沖縄時間2お通し
ビールはもちろん、オリオン生。
2016年9月8日沖縄時間3オリオン中生
頼んだ料理も、すぐにきました。
やはり、そーめんちゃんぷるーは外せません。
2016年9月8日沖縄時間4そーめんちゃんぷるー
プチプチした食感の、海ぶどう
2016年9月8日沖縄時間5海ぶどう
季節料理の、うりずん豆の天ぷら
2016年9月8日沖縄時間6海うりずん豆の天ぷら
こちらはお店のおすすめ、フーイリチー
2016年9月8日沖縄時間7フーイリチー
ヒラヤチーぐるぐる焼き。
2016年9月8日沖縄時間8ヒラヤチーぐるぐる焼き
カラカラに入った泡盛のアテとして
2016年9月8日沖縄時間9泡盛
トーフヨー
2016年9月8日沖縄時間10トーフヨー
こちらもお店のおすすめ、田芋(ターンム)唐揚げ
2016年9月8日沖縄時間11田芋(ターンム)唐揚げ
最後に、ミミガーとクラゲのコリコリサラダ。
2016年9月8日沖縄時間12ミミガーとクラゲのコリコリサラダ
食の細いメンバーの集まりだったので、これにて〆。
さて、久しぶりの表妙義縦走、果たして実現するでしょうか?!

テーマ: 外食グルメ

ジャンル: グルメ

タグ: 沖縄時間    オリオン  そーめんちゃんぷるー  海ぶどう  うりずん豆の天ぷら  フーイリチー  泡盛  トーフヨー  田芋(ターンム)唐揚げ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0