05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

2016年八幡野8/6-2- 

1本目の反省を踏まえ、エキジット後、八幡野のガイドさんに再度確認。
やはり探索場所が、ちょっとずれていた模様です。
ということで、リベンジのダイビング2本目、スタート。

教わった場所へ、一直線。今度は・・・
いました〜!
小笠原・八丈固有種の、ユウゼンです。
2016年8月6日八幡野2ユウゼン1
伊豆半島で出会えるのは、非常に珍しいことなので
他の魚には目もくれず、ただただユウゼンを撮りまくります。
2016年8月6日八幡野2ユウゼン2
最初は慌てていたユウゼンも、しまいには慣れてしまい
Oつがいに囲まれながら、普通に餌をついばんでいました。
かくして2本目のダイビングは、ユウゼン一本勝負となりました〜(笑)
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 八幡野  ユウゼン  ダイビング 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年八幡野8/6-1- 

毎夏恒例、東伊豆のIOPへ潜りに行きました。
・・・が、この日は、まさかのクローズ。
急遽、7/30日に潜ったばかりの、八幡野へ向かうことになりました。
前回ご一緒した、八幡野のガイドさんから情報収集した結果
ユウゼンがいることを知り、これを目標にエントリー。

途中、ちょこちょこ魚をチェックしながら、移動します。
背景の綺麗なところにいた、コガネスズメダイ
2016年8月6日八幡野1コガネスズメダイ
目の前を通過していく、イサキの小さな群れ。
2016年8月6日八幡野2イサキ
砂地では、ムスメベラが給餌の真っ最中。
2016年8月6日八幡野3ムスメベラ
前回と全く同じ場所にいた、オオモンカエルアンコウ
2016年8月6日八幡野4オオモンカエルアンコウ
婚姻色が出て綺麗な、オトヒメベラ
2016年8月6日八幡野5オトヒメベラ
あれれ、ユウゼンは?
結局、見つかりませんでした。
少し休憩したら、2本目、再度捜索します。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 八幡野  東伊豆  コガネスズメダイ  イサキ  ムスメベラ  オオモンカエルアンコウ  オトヒメベラ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年Shangri-La 

仲良しのWご夫妻にお誘いいただき、大森東急REIホテルのShangri-Laに行ってきました。
2016年8月2日1Shangri-La1
この日は、ベルギービールフェアが開催中。
以下、頂いた順に、メニューからの受け売り情報を。

Chimay Doree Goud(シメイ・ゴールド
修道院の修道士と来院ゲストのみが飲めた、門外不出の逸品。
修道院内に醸造所を持つ、トラピスト会の修道院でのみ造られるビールで
世界に11か所しかなく、そのうち6か所がベルギーにあるそうです。
2016年8月2日1CHIMAY2
Newton(ニュートン
ホワイトビールに青リンゴ果汁を加えた「青リンゴのビール」
2016年8月2日Newton3
食事のオーダー担当は、もっぱらWご主人です。
この日の前菜盛り合わせは、生ハム、サーモンのテリーヌ、コーンポタージュ。
2016年8月2日食事4
スモークサーモンのサラダ添え。
2016年8月2日食事5
Lindemans Cassis(リンデマンス・カシス
ランビックに純粋なカシス果汁を加えた「フルーツランビック」
ブリュッセル近郊だけに生息する空気中の野生酵母を使って
自然発酵させた、ベルギーの伝統的なビール。
2016年8月2日Lindemans6
生ハム入りジャンボソーセージ。
2016年8月2日食事7
海老とタコのアヒージョ。
2016年8月2日食事8
Hoegaarden White(ヒューガルデン・ホワイト
大麦麦芽と小麦を用いて造られる、かすみがかったような色が特徴。
2016年8月2日Hoegaarden9
Saison Dupont(セゾン・デュポン
もともとは、ベルギー南部の農家が夏に飲むために、冬に造って貯蔵していたビール。
2016年8月2日SaisonDupont10
鴨のロースト、オレンジソース。
2016年8月2日食事11
散々ベルギービールを楽しみましたが、最後はやっぱり日本代表「琥珀エビス
2016年8月2日琥珀エビス12
メニューにはなかったのに、Wご主人が誂えてくださった
チーズ盛り合わせ。
2016年8月2日食事13
ベルギービールとおいしい食事で、気がつけば閉店時間。
Wご夫妻、ごちそうさまでした。
また是非、ご一緒させてください。

テーマ: 外食グルメ

ジャンル: グルメ

タグ: Shangri-La  ベルギービール  シメイ・ゴールド  ニュートン  リンデマンス・カシス  ヒューガルデン・ホワイト  セゾン・デュポン  琥珀エビス 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年富戸7/31-2- 

2本目は、ヨコバマの岩場へ。
エントリーしてからずっと「水中が白く濁っているなぁ」と思っていましたが
原因は、これ。
あちこちでサザエが交接しては、放精しています。
2016年7月31日富戸1サザエの交接
ここでも動画を載せたかったのですが、やはり動画アップロードが出来ず残念。
サザエの放精はどんな様子なのか、想像してみてください(笑)

続いては、ずっとここに居ついている、アカシマシラヒゲエビ
2016年7月31日富戸2アカシマシラヒゲエビ
普通種ながら、つい撮ってしまう、ナガサキスズメダイ
2016年7月31日富戸3ナガサキスズメダイ
ウミウシもいます。
こちらは産卵中の、サキシマミノウミウシ
2016年7月31日富戸4サキシマミノウミウシ
ガラスハゼ
目の前に産みつけた、半透明の卵塊を守っています。
2016年7月31日富戸5ガラスハゼと卵
続いて、子供達を2個体。
まずは、ニシキウミウシの幼体。
成体と姿形がぜんぜん違うので、以前は別種とされていました。
2016年7月31日富戸6ニシキウミウシの幼体
こちらは、ビシャモンエビの幼体。
どんな生物でも、子供はやっぱりかわいいですね。
2016年7月31日富戸7ビシャモンエビの幼体
綺麗な、フジイロウミウシ。こちらは成体です。
2016年7月31日富戸8フジイロウミウシ
イソギンチャクの中には、カザリイソギンチャクエビが暮らしていました。
2016年7月31日富戸9カザリイソギンチャクエビ
そしてイソギンチャクの隙間にいた、超・普通種サラサエビ
2016年7月31日富戸10サラサエビ
名残惜しいですが、これにて2日間のダイビング終了。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: サザエ  アカシマシラヒゲエビ  ナガサキスズメダイ  サキシマミノウミウシ  ガラスハゼ  ニシキウミウシ  ビシャモンエビ  フジイロウミウシ  カザリイソギンチャクエビ  サラサエビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年富戸7/31-1- 

一夜明け、今日は富戸へ。
1本目は、ヨコバマの砂地をメインに、潜ります。
砂地にある海藻をチェックしながら進んでいくと、タツノイトコのペアがいました。
2016年7月31日富戸1タツノイトコのペア
ヒレナガネジリンボウが顔を出しています。
ただ、神経質な個体で、全然近寄れず。
2016年7月31日富戸2ヒレナネジリンボウ
大きなマンリョウウミウシ
この場所では、目立ちますね。
2016年7月31日富戸3マンリョウウミウシ
小さな黒い魚が、砂の上を、チョロチョロと動き回っています。
ヒレナガカサゴの幼魚のようです。
2016年7月31日富戸4ヒレナがカサゴの幼魚
海藻に隠れているのは、世界最小のイカ、ヒメイカ
2016年7月31日富戸5ヒメイカ
ウミテングは、一見鈍そうに見えますが、意外と移動スピードが速く
しかも、フェイントをかけた動きをします。
結局、逃げていく後ろ姿しか撮れませんでした。
2016年7月31日富戸6ウミテング
浅場にいた、コスジイシモチ
口内保育中です。
2016年7月31日富戸7口内保育中のコスジイシモチ
2本目は、ヨコバマの岩場を潜ってみましょう。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: タツノイトコ  ヒレナガネジリンボウ  マンリョウウミウシ  ヒレナガカサゴ  ヒメイカ  ウミテング  コスジイシモチ  富戸 

[edit]

trackback: -- | comment: 0