04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

2016年深川江戸資料館7/17 

江戸東京博物館を後にし、江東区白河まで、テクテク歩いてきました。
次の目的地はここ、深川江戸資料館
2016年7月17日江戸深川資料館1
最初のエリアは、深川にゆかりのある人の紹介コーナー。
戯作者の山東京伝は、深川木場の出身。
南総里見八犬伝の著者、滝沢馬琴は、松平家の用人の五男として
深川の松平邸内で生まれたそうです。
その他、佐久間象山は深川に塾を開き、
伊東甲子太郎は、深川にあった道場主の娘と結婚。
七代目市川団十郎は、深川島田町に、豪奢な住居がありました。
2016年7月17日江戸深川資料館2
続いて地下へ降りると、江戸時代の深川の町へタイムスリップ。
長屋の他に、飼料問屋・八百屋・米屋・船宿・火の見櫓が再現されています。
2016年7月17日江戸深川資料館3
長屋の屋根の上の猫が、首を振りながら「ニャー」と鳴く現場を
見られたら、ラッキー。
2016年7月17日江戸深川資料館4
ほとんどの建物は、中に入ることができます。
2016年7月17日江戸深川資料館5
川べりには、船が係留されていたり
2016年7月17日江戸深川資料館6
路地裏を探検していると
2016年7月17日江戸深川資料館7
お稲荷さんの前に出たり
2016年7月17日江戸深川資料館8
さらには、突然雷鳴が轟き、夕立が降ってきたりと、演出もなかなか。
2016年7月17日江戸深川資料館9
以前から気になっていた、深川江戸資料館
お盆の時は、お化け屋敷に早変わりするそうなので、
今度はお化けに会いに行ってみたいです。
スポンサーサイト

テーマ: 写真日記

ジャンル: 日記

タグ: 江戸東京博物館  深川江戸資料館  江戸時代  深川 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年江戸東京博物館7/17 

江戸東京博物館へ、「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで
(2016年7月5日〜8月28日)」を、見学しに行ってきました。
2016年7月17日江戸東京博物1

タイトルにある通り、日本人に馴染みのある「妖怪」を、
古代の土偶から現代のアニメにまで、視点を広げて紹介する、特別展。
撮影禁止の為、写真はありませんが、とても面白かったです。

何度か江戸東京博物館へ来たことがある、Oつまと違い
O夫は初めてだったので、常設展も見ていくことに。
まずはど〜んと、実物大の日本橋
復元されたのは、北側半分の14間だそうですが、大きい。
2016年7月17日江戸東京博物2
日本橋の上からは、再現された朝野新聞社
2016年7月17日江戸東京博物3
芝居小屋中村座を見ることができます。
2016年7月17日江戸東京博物4
ミニチュアで再現された、江戸の街並み。
2016年7月17日江戸東京博物5
江戸ゾーンから、東京ゾーンへ移動。
ここでは、文明開化から戦後の高度成長までの、生活の移り変わりを見ることができます。
仕事の後のお楽しみは、昔も今も変わらないようですね。
2016年7月17日江戸東京博物6
思わず足を止めてしまったのが、この自転車。
ブリヂストンから発売されていた、モンテカルロ
O夫、まさにこの自転車に乗っていたのです。
2016年7月17日江戸東京博物7
一方Oつまが楽しみにしていたのが、「発掘された日本列島2016」。
毎年、何千件もの発掘が行なわれているうち、特に注目される出土品が
一同に会する、考古マニア垂涎の企画です。
2016年7月17日江戸東京博物8
しかも時間が合えば、文化庁文化財調査官の解説まで、聞くことができます。
プロフェッショナルの説明を聞きながらの観覧は、なんとも贅沢。
2016年7月17日江戸東京博物9
江戸東京博物館、常設展だけでも十分に楽しいので、また行きたいと思います。

テーマ: 写真日記

ジャンル: 日記

タグ: 江戸東京博物館  日本橋  朝野新聞社  芝居小屋  中村座  江戸  ブリヂストン  モンテカルロ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

2016年入船7/10 

たまった用事が、予想より順調にはかどった、日曜日のお昼。
一杯やりに、入船さんへ。
2016年7月10日入船1
早速、ビール
この日のお通しは、キムチでした。
2016年7月10日入船2ビール&お通し
おつまみには、砂肝フライドポテトを。
2016年7月10日入船3砂肝&フライドポテト
もう一杯、ビールをいただき
2016年7月10日入船4ビール
しらすおろしをつまんだら
2016年7月10日入船5しらすおろし
〆に、あんかけうどん(大盛り)
2016年7月10日入船6あんかけうどん
こんな日の気分にぴったりのお店、入船さん。
また来ます!

テーマ: 外食グルメ

ジャンル: グルメ

タグ: 入船  ビール  キムチ  砂肝  フライドポテト  しらすおろし  あんかけうどん   

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年天香楼7/2 

Oつがいの水泳の先生さとちゃん、そして
さとちゃんのお友達の、スポーツインストラクターさっちゃんと
食事に行ってきました。
中華料理をリクエストされたので、横浜中華街の中でも
中国4大料理が食べられることで人気の「天香楼」さんをチョイス。
Oつがいは、2011年以来の来店です。
2016年7月2日天香楼1
夕方の早い時間だったので、まだ空いていました。
2016年7月2日天香楼2
まずは、プレモルで乾杯!
2016年7月2日天香楼3ザ・プレミアム・モルツ生
料理は、お二人に選んでいただきましょう。
まずは四川の伝統料理、牛スジの秘伝タレつぼ煮(四川)
2016年7月2日天香楼4牛スジの秘伝タレつぼ煮
牛スネ肉・牛スジ・うずらの玉子・しいたけ等の材料を
秘伝のタレを使い、壺の中で長時間に渡って、じっくり煮込んだそう。
2016年7月2日天香楼5牛スジの秘伝タレつぼ煮
ネギの風味が、イカを一層引き立てる、イカのネギショウガ和え(広東)
この日はイカの代わりにイイダコで、ちょっと得した気分。
2016年7月2日天香楼6イカのネギショウガ和え
青島ビールも注文しました。
2016年7月2日天香楼7青島ビール
「骨付鶏肉の四川唐辛子煎りいため」(四川)
干し唐辛子や山椒の辛味が、たまりません。
2016年7月2日天香楼8油淋鶏
お店のオリジナル?「本物の焼き小籠包」、正宗生煎包
2016年7月2日天香楼9正宗生煎包
ここからは、紹興酒をいただきます。
2016年7月2日天香楼10紹興酒
スペアリブの黒酢のいため(上海)
黒酢のまろやかな酸味と、濃厚なうま味。
2016年7月2日天香楼11スペアリブの黒酢のいため
キャベツたっぷりの焼きギョウザ(北京)
2016年7月2日天香楼12焼きギョウザ
珍味、アヒルの舌の香り揚げ(北京)
お酒を飲まない、さとちゃんやさっちゃんもお気に入り。
2016年7月2日天香楼13アヒルの舌の香り揚げ
そして、一同に最も人気だったのが、竹筒入り黒チャーハン(四川)
黒醤油をベースに炒めたチャーハンで、特製XO醤が、味にアクセントを加えています。
他では頂いたことのない、独特な香りがクセになりそう。
2016年7月2日天香楼14竹筒入り黒チャーハン
デザートは、九龍球
見た目も涼しげな、フルーツと食物繊維たっぷりの寒天。
2016年7月2日天香楼15九龍球
久しぶりの天香楼、やっぱり美味しかったです。
次回は、麺類を食べに来ないと。

テーマ: 外食グルメ

ジャンル: グルメ

タグ: 横浜中華街  天香楼  青島ビール    正宗生煎包  紹興酒  九龍球  竹筒入り黒チャーハン  アヒルの舌の香り揚げ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年会津若松6/26-4- 

会津町方伝承館に自転車を返し、会津若松駅に戻ると
ローカルイベントの真っ最中。
いろんなお店が出ているので、覗いてみることに。
2016年6月26日会津若松復路1
なに、猪苗代地ビールですと!?
2016年6月26日会津若松復路2
もちろん、いただきました〜。
2016年6月26日会津若松復路3
こちらは、尾瀬檜枝岐村のブース。
2016年6月26日会津若松復路4
こういう類が大好きな、O夫。
Oつまの許可をもらい、ハコネサンショウウオの燻製を購入。
2016年6月26日会津若松復路5
向かいのブースには、何があるでしょうか?
2016年6月26日会津若松復路6
北塩原村産の、さくらんぼ。
お安い!こちらはOつまが、大喜びで購入。
2016年6月26日会津若松復路7
あわドレッシング、荏胡麻入りしょうが生ふりかけ、えごまの葉みそも購入。
2016年6月26日会津若松復路8
地元の隠れた名産品を入手し、遅めの昼食をとるため
駅にある郷土料理のお店「一會庵」へ。
2016年6月26日会津若松復路9
こちらは、地ビールではありません。
2016年6月26日会津若松復路10
絶対に食べるぞと心に誓っていた、郷土料理の「こづゆ
メニューにあって、良かった〜。
2016年6月26日会津若松復路11
Oつがいの席の横では、そば打ちの真っ最中。
2016年6月26日会津若松復路12
これを眺めるだけで、食べないわけにはいきません。
山菜そばを、注文。
2016年6月26日会津若松復路13
間違いなく手打ちです。お汁も上品で美味しい。
2016年6月26日会津若松復路14
食事を終えたら、駅のお土産コーナーで、地酒探し。
2016年6月26日会津若松復路15
そういえば、会津は馬刺しが有名でした。
今回は食べられなかったので、代わりに馬刺しせんべいを購入。
2016年6月26日会津若松復路16
さくらジャーキーも、美味しそう。
2016年6月26日会津若松復路17
香りのいい、そば茶を見つけました。
2016年6月26日会津若松復路18
こづゆは、お土産用もあるんですね。
2016年6月26日会津若松復路19
今回は、喜多方までは足を伸ばせなかったので、喜多方ラーメンも買っていこうかな。
2016年6月26日会津若松復路20
寄り道が過ぎました。これこれ、探していたのはコレです。
2016年6月26日会津若松復路21
ちょうど試飲会の最中でした。
店員さんオススメの「ゆめのかおり」と「月弓」を購入。
2016年6月26日会津若松復路22
お土産を抱えてホームへ向かうと、SLが停車中。
かの有名な、SLばんえつ物語号です。
2016年6月26日会津若松復路23
いっぽう、Oつがいが乗車するのはこちら、フルーティアふくしま4号。
JRのみどりの窓口でも購入ができず、旅行会社を通じてのみ
乗車することが可能な、特別列車。
2016年6月26日会津若松復路24
さすが特別列車。ゆるキャラ「あかべえ」のお見送り付き。
2016年6月26日会津若松復路25
もちろんOつがいが、そんな特別列車を予約するわけもなく
乗車したのは、連結されている、普通車両。
2016年6月26日会津若松復路26
郡山に到着し、新幹線ホームへ向かい
2016年6月26日会津若松復路27
やまびこ146号にて、帰京。
2016年6月26日会津若松復路28
日帰りで慌ただしかったものの、充実した旅行になりました。
次回は、もう少しゆったりした日程で、再訪したいと思います。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 会津町方伝承館  会津若松  猪苗代地ビール  ハコネサンショウウオ  一會庵  こづゆ  馬刺しせんべい  喜多方ラーメン  フルーティアふくしま  SLばんえつ物語号 

[edit]

trackback: -- | comment: 2