07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

2016年奄美大島11/2-3- 

それでは待ちに待った、初日の夕食です。
シケオくんに、何軒かオススメのお店を聞いておいた中から
ホテルに一番近かった、居酒屋「美喜」さんに決定。
2016年11月2日美喜1
入店すると、見渡す限り地元の方ばかり。
Oつがいは、お座敷の席へ通されました。
2016年11月2日美喜2
さぁ、奄美大島到着後、最初のビール
2016年11月2日美喜3ビール
やはり奄美に来たら、鶏はいただきたいので
まずは地鶏の刺身。
2016年11月2日美喜4地鶏の刺身
こちらも外せない、奄美の郷土料理、油ソーメン
2016年11月2日美喜5油ソーメン
ソーミンチャンプルーに似ていますが、麺が独特でした。
2016年11月2日美喜6油ソーメンリフト
本日のおすすめ料理から、シビ刺身を注文。
シビはおそらく、マグロではないかと。
2016年11月2日美喜7シビ刺身
居酒屋料理の定番、えのきベーコン。
2016年11月2日美喜8えのきベーコン
さて、ビールから奄美大島の焼酎にチェンジ。
里の曙を、お湯割でいただきます。
2016年11月2日美喜9焼酎お湯割
再び本日のおすすめ料理の中から、ナマズフライ。
2016年11月2日美喜10ナマズフライ1
ナマズは白身です。言わずもがなですが、念のため。
2016年11月2日美喜11ナマズフライ2
シビナマズを、大喜びで食べているoつがいを見て
お店の大将が「これも食べてみる?」とサービスで出してくれたのが
エラブチ(右)とコーグル(左)。
2016年11月2日美喜12エラブチ&コーグル
「今日、釣ってきたんだよ。何の魚かって?調べてみて(笑)」
ググってみると、エラブチはブダイ、コーグルがヒラニザのようです。
ブダイは以前、神津島で食べたことがありますが、ヒラニザは初めて!
上品な脂がのっていて、おいしかった〜。

さらに本日のおすすめ料理から、シビ腹皮みそ焼を注文。
2016年11月2日美喜13シビ腹皮みそ焼
エラブチコーグルの正体を見破ったOつがいに
再び大将が「これはマルガラ。わかる?(笑)」
2016年11月2日美喜14マルガラ
すぐに調べて「イスズミでしょう!」と聞いたところ
ニコニコされたので、おそらく正解だと思います。

初日から、とてもいいお店に当たりました。
それでは、おやすみなさい。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 奄美大島  美喜  ビール  油ソーメン  里の曙  シビ  ナマズ  エラブチ  コーグル  マルガラ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年奄美大島11/2-2- 

飛行機を降り、出口までテクテクと移動。
どこの空港に行っても、こうした地元の広告は
旅の気分を、盛り上げてくれるものです。
2016年11月2日空港〜古仁屋1
エスカレーター沿いに、ずらりと並べられた、奄美大島のお酒。
今回の滞在で、何種類飲めるかな?
2016年11月2日空港〜古仁屋2
そういえば南国の空港って、必ず水槽がありますよね。
2016年11月2日空港〜古仁屋3
出口を出たところで、シケオくんと5年ぶりの再会。
シケオくんって誰?という方のために、ご紹介しましょう。
2011年、Oつがいがパラオに行った時、お世話になったダイビングショップで
研修生として働いていたのが、シケオくんです。
ダイビングインストラクターなのに、彼が海に出るとシケるので
地元の漁師さんから、つけられたあだ名が「シケオ」。
パラオから帰国の際に「奄美大島にも遊びに行くからね」と約束して別れたまま、
早5年の歳月が流れていたのでした。

さて、空港からは、シケオくんの運転する車で、古仁屋まで移動します。
空港の規模の割に、駐車場は混雑していました。
後々、その理由を思い知ることになります。
2016年11月2日空港〜古仁屋4
ネイチャーガイドでもあるシケオくん。
島を南下している途中、山を指差し「枯れている木があるでしょう?」
リュウキュウクロマツというそうです。
元々は外来種で、あっという間に勢力を伸ばし、繁茂していたところが
ここ数年、突然枯れ始めたそうで、理由は学者もわからないとのこと。
バランスの崩れた生態系を、自然が元に戻そうとしてるのかもしれないですね。
2016年11月2日空港〜古仁屋5
滞在中お世話になる、サンフラワーシティホテルに到着。
いやぁ、遠かった〜。
「初」奄美のOつがい、最初は空港からバスで、古仁屋まで移動するつもりでした。
バスだったら、いったい何時に着けたことか・・・
どうりで、空港の駐車場が車だらけだったはずです。
迎えに来てくれたシケオくんに、改めて感謝。
2016年11月2日空港〜古仁屋6
ホテルのロビー。
昔、映画「男はつらいよ」が、奄美大島で撮影された時
スタッフが、このホテルに宿泊したそうで、ロビーには当時の写真が飾れていました。
2016年11月2日空港〜古仁屋7
部屋もそこそこ広く
2016年11月2日空港〜古仁屋8
バスルームも、まずまず綺麗。
2016年11月2日空港〜古仁屋9
浴衣もありますよ〜。
2016年11月2日空港〜古仁屋10
荷解きをしたら、奄美最初の食事です。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 奄美大島  リュウキュウクロマツ  古仁屋  サンフラワーシティホテル 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年奄美大島11/2-1- 

5年越しの約束を果たすため、奄美大島へ行ってきました。
今回は、羽田ではなく成田からの出発です。
横須賀線に乗って、目指すのは第3ターミナル。
2016年11月2日奄美大島1
空港第2ビルで下車し、徒歩で移動を始めたところ
運良く、第3ターミナル行きのバスが来たので、すかさず乗車。
2016年11月2日奄美大島2
バスなら、第3ターミナルへはあっという間。
色の付いたレーンを歩いていくと
2016年11月2日奄美大島3
バニラエアのチェックインカウンターに、到着しました。
2016年11月2日奄美大島4
チェックインを終え、さて食事でもと、フードコートへ行ってみると
満席・・・
2016年11月2日奄美大島5
仕方がないので食事を諦め、搭乗口へ。
各路線の出発ピークの時間だったらしく、ゲートに入るのも一苦労です。
2016年11月2日奄美大島6
久しぶりに、バスに乗って飛行機まで移動。
2016年11月2日奄美大島7
ようやく、「初」バニラエアへ搭乗しました。
2016年11月2日奄美大島8
働くおじさん達に見送られ、動き出す飛行機。
2016年11月2日奄美大島9
着陸してきたJAL機を見送り
2016年11月2日奄美大島10
間もなく離陸。
2016年11月2日奄美大島11
あっという間に、雲の上へ。
2016年11月2日奄美大島12
しばらくは雲ばかりでしたが、突然雲が切れ、眼下に大阪湾が見えました。
手前に見えるのが、関西国際空港。右斜め奥に小さく見えるのが、神戸空港。
関空と神戸空港って、こんなに近いんですね。
2016年11月2日奄美大島13
本州と淡路島を結ぶ、明石海峡大橋も見えます。
なんだか懐かしい〜。
2016年11月2日奄美大島14
さらに淡路島沿いに南下していくと、淡路島から徳島県に繋がる
大鳴門橋が見えてきました。
目をこらすと、橋の下に渦が出来ているのも見えました。
2016年11月2日奄美大島15
そのまま窓に張り付いていると、見えてきたのは桜島
2016年11月2日奄美大島16
さらに、開聞岳
初めて見ることができて、感激〜。
2016年11月2日奄美大島17
大はしゃぎしていたOつがいの耳に、そのとき機内アナウンスが。
「ただいま種子島から、H2ロケットが打ち上げられました。
 左側から、ご覧いただけます。」
Oつがいが座っているのは、右側奥の席。
お隣に座っているのは、日本語の通じない方・・・出遅れました。
痛恨のミス。桜島開聞岳で喜んでいる場合じゃなかった。

がっかりしつつも、いよいよ念願の奄美大島に到着。
2016年11月2日奄美大島18
間もなく、5年ぶりにシケオくんとの再会です。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 奄美大島  バニラエア  明石海峡大橋  淡路島  大鳴門橋  桜島  開聞岳 

[edit]

trackback: -- | comment: 8

2016年新横浜ラーメン博物館・カーザルカ10/23 

今回の新横浜ラーメン博物館ラーメン探訪は、イタリアミラノから出店の
カーザルカです(2017年1月9日卒業)。
2016年10月23日新横浜ラーメン博物館・カーザルカ1
この日も、1番乗り。
2016年10月23日新横浜ラーメン博物館・カーザルカ2
注文したのは、ベジ醤油ラーメン
ベジタリアン向けのメニューです。
具材はトマト、カリフラワー、バジルの3色旗カラーに加えて
きのこ、アスパラガス、そしてほうれん草。
2016年10月23日新横浜ラーメン博物館・カーザルカ3ベジ醤油ラーメン
醤油ベースの優しい味わいのスープに
2016年10月23日新横浜ラーメン博物館・カーザルカ8ベジ醤油ラーメン
麺は、パスタ用デュラムセモリナ粉と
イタリアパンに使用される小麦粉をブレンドした、中細ストレート麺。
2016年10月23日新横浜ラーメン博物館・カーザルカ9ベジ醤油ラーメン
まずはノーマルの味を楽しんだ後、替え玉を注文しました。
2016年10月23日新横浜ラーメン博物館・カーザルカ10ベジ醤油ラーメン
さらに、カーザルカのラーメンといえば、という温卵と
2016年10月23日新横浜ラーメン博物館・カーザルカ4ベジ醤油ラーメン
パルメザンチーズのダブル盛りを追加。
2016年10月23日新横浜ラーメン博物館・カーザルカ6ベジ醤油ラーメン
それでは温卵、そして
2016年10月23日新横浜ラーメン博物館・カーザルカ5ベジ醤油ラーメン
パルメザンチーズを投入。
2016年10月23日新横浜ラーメン博物館・カーザルカ7ベジ醤油ラーメン
パルメザンチーズは、とにかくよく溶かさないと、固まってしまいます。
きちんと溶けたことを確認したら、いただきま〜す。
2016年10月23日新横浜ラーメン博物館・カーザルカ11ベジ醤油ラーメン
前回の無垢-muku-ツヴァイテさん(ドイツフランクフルトから出店中)に続き
カーザルカさんと、ここのところ海外生まれのラーメンが続いたので
次回は、日本のラーメンにしようかな?!

テーマ: 外食グルメ

ジャンル: グルメ

タグ: 新横浜ラーメン博物館  カーザルカ  イタリア  ミラノ  パルメザンチーズ    ドイツ  フランクフルト  無垢-muku-ツヴァイテ  ラーメン 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年世界の酒とチーズフェスティバル10/22 

本日の記事は、自分たちへの備忘録です。
2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル1

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル2

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル3

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル4

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル5

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル6

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル7

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル8

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル9

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル10

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル11

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル12

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル13

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル14

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル15

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル16

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル17

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル18

2016年10月22日世界の酒とチーズフェスティバル19

テーマ: 写真日記

ジャンル: 日記

タグ: 世界の酒とチーズフェスティバル 

[edit]

trackback: -- | comment: 2