01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

2017年群馬4/30-3-  

道の駅甘楽にやってきました。
ここで、昼食にします。
2017年4月30日群馬帰路1
構内のレストランに入り、注文したのは山菜うどん(大盛り)
2017年4月30日群馬帰路2
麺は、大麦と小麦を使用した、大麦めん
「つるっとした食感で、独特の風味を持ったさっぱりとした麺」
と説明にある通り、滑らかな喉越しのうどんでした。
2017年4月30日群馬帰路3
食後はタクシーで、上信電鉄上州福島駅へ向かいます。
2017年4月30日群馬帰路4
味わいのある改札口に
2017年4月30日群馬帰路5
のんびりしたホーム。
2017年4月30日群馬帰路6
そして、切符は懐かしい硬券。
2017年4月30日群馬帰路7
電車がきました。
以前は、銀河鉄道999のラッピング電車が走っていましたが
もう、コラボは終わっちゃったのかな?
2017年4月30日群馬帰路8
ワンマン電車ならではの、運賃箱。
2017年4月30日群馬帰路9
車内はガラガラでした。
2017年4月30日群馬帰路10
高崎に到着。
2017年4月30日群馬帰路11
今は、このキャラクターとコラボ中なのかな?
O夫は、鉄郎とメーテルの方がいいなぁ。
2017年4月30日群馬帰路12
上信電鉄から、JRに乗り換え。
2017年4月30日群馬帰路13
時刻表を見てみると、ちょうどいい時間の湘南新宿ラインがあったので
新幹線ではなく、在来線でのんびり帰ることに。
2017年4月30日群馬帰路14
新幹線をやめた代わりに、ちょっと贅沢をしてグリーン車へ。
2017年4月30日群馬帰路15
となるとやっぱり、窓際にはお酒が並んじゃいますよね〜。
2017年4月30日群馬帰路16
これにて、表妙義登山と甘楽町の旅行記は終了です。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 道の駅甘楽  山菜うどん  大麦めん  上信電鉄  上州福島  高崎  湘南新宿ライン 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2017年群馬4/30-2- 

磯部からタクシーに乗り、甘楽町歴史民俗資料館に着きました。
このレンガ造りの建物は、大正15年(1926)1月に
製紙工場甘楽社小幡組の繭倉庫として建設されたもの。
その後、甘楽町が昭和59年(1984)2月に買い受けて
昭和62年(1987)5月に、甘楽町歴史民俗資料館として再生したそうです。
2017年4月30日楽山園1
1階では、甘楽町での養蚕の歴史を、養蚕で使われた道具などから
学ぶことができます。
2017年4月30日楽山園2
2階には、町指定重要文化財に指定されている、円空の木彫仏像や
小幡氏紋付赤備具足が展示されています。
受付の女性がとても親切に説明してくださり、勉強になりました。

甘楽町歴史民俗資料館のすぐそばには、礎石が残っています。
寛永年間、織田信昌が建てた小幡陣屋と呼ばれる屋敷の
正面にあった、大手門の跡だそうです。
2017年4月30日楽山園3
織田氏により造られたという、中小路を歩いてみます。
勘定奉行役宅であったという「高橋家」。
2017年4月30日楽山園4
江戸時代に造られた庭園が、今も保存されています。
2017年4月30日楽山園5
こちらは、織田家の後に入った、松平家の奥方や腰元の居宅であったという
松平家大奥
2017年4月30日楽山園6
そして同様に、江戸時代そのままの庭園。
2017年4月30日楽山園7
山田家の喰い違い郭。
戦の際の防衛として、また下級武士が上級武士との鉢合わせを避けるため
隠れる場所としても機能していたそうです。
2017年4月30日楽山園8
見事に保存された、中小路の石垣。
2017年4月30日楽山園9
織田家が小幡藩に入るにあたり、最初に手がけたという大名庭園、
楽山園に到着しました。
2017年4月30日楽山園10
入園して、目の前に広がる場所は、御殿跡。
2017年4月30日楽山園11
金明水と名付けられた、井戸の跡。
2017年4月30日楽山園12
庭園の中心に据えられた、昆明池。
2017年4月30日楽山園13
高台にある、梅の茶屋。
2017年4月30日楽山園14
梅の茶屋からの眺め。
風が吹き抜けて、とても気持ちの良い場所です。
2017年4月30日楽山園15
藩邸の使用人達が暮らしていたとみられる、拾九間長屋
2017年4月30日楽山園16
中は、資料館になっています。
2017年4月30日楽山園17
楽山園を見学した後は、甘楽の町を散策。
町中は、少し遅めの雛祭りの真っ最中。
2017年4月30日楽山園18
あちこちで、雛飾りを見ることができます。
こちらは、甘楽町歴史民俗資料館・別館に飾られていたもの。
2017年4月30日楽山園19
甘味処まで、風情のある建物です。
2017年4月30日楽山園20
ガラス戸の奥には、古風な雛飾り。
2017年4月30日楽山園21
たくさん歩いて、お腹も空きました。
どこか、食事のできるところを探しましょう。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 楽山園  甘楽町歴史民俗資料館  磯部  養蚕  中小路  武家屋敷  松平家大奥  織田信雄  椿の茶屋  拾九間長屋 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2017年群馬4/30-1- 

一夜明け、見晴館での朝食。
美味しいおかずがたくさん、ご飯も進みます。
2017年4月30日磯部1
お世話になった見晴館を後にし、近所にある足湯へ。
2017年4月30日磯部2
足湯の前には、日本最古の温泉記号の絵図が描かれています。
2017年4月30日磯部3
無料なので、観光客の皆さんもたくさん訪れています。
お湯は、ちょっと熱め。
2017年4月30日磯部4
足湯を楽しんだら、磯部せんべいを買いに、栄泉堂さんへ。
2017年4月30日磯部5
ちょうど、今日の分の磯部せんべいが作られ始めるところでした。
大量のタネを
2017年4月30日磯部6
熱く焼かれた、金型に入れていきます。
毎回見とれてしまう、ご主人の華麗な手さばき。
2017年4月30日磯部7
そろそろ、焼き上がりです。
2017年4月30日磯部8
焼きたて熱々を、いただいちゃいました。
軽くて香ばしくて、美味しい!
2017年4月30日磯部9
もちろん、ただ食いなどいたしません。
お隣の売店で、商品も購入します。
2017年4月30日磯部10
磯部せんべいはもちろんのこと
2017年4月30日磯部11
Oつがいはこの、うどんとそばもお気に入りです。
上州の粉食文化を代表するお店と言えましょう。
2017年4月30日磯部12
磯部に来たら、次は高野酒店に行くのが、お約束のコース。
2017年4月30日磯部13
この暖簾の先が、地酒コーナー。
2017年4月30日磯部14
たくさんあって迷いますが、やはり群馬県のお酒にこだわります。
2017年4月30日磯部15
酒器も揃っていて、つい買っちゃうんですよね。
2017年4月30日磯部16
楽しく買い物を終えて、磯部駅へ。
2017年4月30日磯部17
この後は、甘楽へ移動します。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 見晴館  磯部温泉  栄泉堂  磯部せんべい  高野酒店  磯部 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2017年妙義山4/29-4- 

N水さんとOつがいが、磯部温泉に宿泊した時の夕食といったら
ここ「せりな」さんに決まっています。
2017年4月29日瀬里奈1
まずは、山行の疲れをビールで癒しましょう。
乾杯!ぷはー!
2017年4月29日瀬里奈2
お通しは、茶碗蒸し。
2017年4月29日瀬里奈3
せりな」で毎回注文してしまう、馬さし
2017年4月29日瀬里奈4
海なし県ですが、海もの「みる貝」。
2017年4月29日瀬里奈5
食の細いさとちゃんとN水さんが、お腹いっぱいになってしまわないように
玉ねぎサラダ
2017年4月29日瀬里奈6
さとちゃんは、ちゃっかり好物のポテトフライを注文済みでした。
おかみさんが気を利かせて、ソーセージも合わせてくださっています。
2017年4月29日瀬里奈7
群馬ですから、やはり、こんにゃく刺もいただかないと。
2017年4月29日瀬里奈8
疲れをとるにはタウリンです。たこ刺しを注文。
2017年4月29日瀬里奈9
ちくわ磯揚げ。
2017年4月29日瀬里奈10
たこ焼揚で、タウリンを強化。
2017年4月29日瀬里奈11
おしんこ。
2017年4月29日瀬里奈12
すな肝揚げ。
2017年4月29日瀬里奈13
いつも通り、居眠りを始めたN水さんを無視して、お茶漬けで〆ましょう。
おかか茶漬け。
2017年4月29日瀬里奈14
鮭茶漬けに
2017年4月29日瀬里奈15
昆布の佃煮がのった、昆布茶漬け。いずれも家庭的な、ホッとする味。
2017年4月29日瀬里奈16
さぁ帰ったらゆっくり休んで、明日は観光です。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: せりな  磯部温泉  ビール  馬さし  みる貝  玉ねぎサラダ  ポテトフライ  こんにゃく刺  群馬  お茶漬け 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2017年妙義山4/29-3- 

大人場(おにんば)で休憩中。
午後から天気が崩れる予報なので、あまりゆっくりもしていられません。
2017年4月29日道の駅みょうぎ1
大人場から先は、道が整備されているので、ペースを上げて下山。
2017年4月29日道の駅みょうぎ2
一般道まで、もう少しです。
2017年4月29日道の駅みょうぎ3
一般道に出た途端、大粒の雨が降り出してきました。
2017年4月29日道の駅みょうぎ4
大急ぎで、道の駅みょうぎに逃げ込みます。
間一髪でした。
2017年4月29日道の駅みょうぎ5
タクシーが来るまでの間、道の駅みょうぎの店内を物色。
2017年4月29日道の駅みょうぎ6
春らしく、旬の山菜が並んでいます。
美味しそうなわらびを見つけました。
2017年4月29日道の駅みょうぎ7
あっ、山椒の若葉です。
2015年5月、裏妙義に登った時に、お世話になったお宿
東京屋さんでいただいた、山椒ご飯は美味しかったな〜。
これで作ってみようかな?
2017年4月29日道の駅みょうぎ8
えごまだれっしんぐと、明太舞茸も購入しました。
2017年4月29日道の駅みょうぎ9
買い物が済んだところで、ちょうどタクシー到着。
見晴館に戻ったら、速攻でお風呂へ向かいます。
2017年4月29日道の駅みょうぎ10
いつもながら、綺麗な脱衣所。
2017年4月29日道の駅みょうぎ11
そして、お風呂は貸切でした。
温泉なので、体がとてもよく温まります。
2017年4月29日道の駅みょうぎ12
あ〜、気持ちよかった。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 大人場  道の駅みょうぎ  わらび  山椒  えごまだれっしんぐ  明太舞茸  見晴館  裏妙義  東京屋 

[edit]

trackback: -- | comment: 0