FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

2019年大瀬崎1/13-1- 

2019年に入り、早速ダイビングに行ってきました。
潜水地は、西伊豆の大瀬崎です。
1本目は、外海の門下へ。
エントリーし、少し水深を下げたところに
伊豆では珍しい、ウメイロモドキ(幼魚)がいました。
2019年1月13日大瀬崎1門下・ウメイロモドキyg
イイジマフクロウニに寄生している、イイジマフクロウニヤドリニナ
真っ白で綺麗な貝ですが、イイジマフクロウニにとっては
さぞ迷惑でしょうね。
2019年1月13日大瀬崎2門下・イイジマフクロウニヤドリニナ
クマドリカエルアンコウっぽい、イロカエルアンコウ
いつものことですが、カエルアンコウの仲間は、撮りづらい場所に
張り付いていることが多いです。
2019年1月13日大瀬崎3門下・イロカエルアンコウ
リボンのようにクルクルした、ムチカラマツには
ちょうど撮影しやすいところに、ビシャモンエビがいました。
ムチカラマツに合わせて、エビぞっているところが可愛いです。
2019年1月13日大瀬崎4門下・ビシャモンエビ
お花畑のような場所で、あたりを伺う、オキゴンベの幼魚。
2019年1月13日大瀬崎5門下・オキゴンベ
ニシキウミウシの上に乗り、気ままな旅をする、ウミウシカクレエビ
2019年1月13日大瀬崎6門下・ニシキウミウシ&ウミウシカクレエビ
ここには、イソギンチャクモエビが5匹います。わかりますか?
2019年1月13日大瀬崎7門下・イソギンチャクモエビ
門下名物、イバラカンザシの群生。
2019年1月13日大瀬崎8門下・イバラカンザシ
顔つきに似合わない?美しい青い目を持つ、キモガニ
姿がキモいから、キモガニなのかと思っていましたが
和名は学名の属名 Cymo に由来し、Cymoはギリシア語で「波」という意味だそう。
2019年1月13日大瀬崎9門下・キモガニ
1本目終了。引き続き2本目のダイビングです。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ウメイロモドキ  イイジマフクロウニヤドリニナ  イロカエルアンコウ  ビシャモンエビ  オキゴンベ  ニシキウミウシ  ウミウシカクレエビ  イソギンチャクモエビ  イバラカンザシ  キモガニ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2018年成田12/30 

2018年の最後に、成田へ出かけます。
2018年12月30日1成田山新勝寺
最近は、グリーン車の快適さに、すっかり慣れてしまいました。
2018年12月30日2成田山新勝寺
JR成田駅から、まずは成田山新勝寺に向かいます。
2018年12月30日3成田山新勝寺
境内は、新年を迎えるための準備の、真っ最中。
2018年12月30日4成田山新勝寺
年越しには少し早いですが、この年最後の参拝をしましょう。
2018年12月30日5成田山新勝寺
Oつがいの知る限り、参道には2軒の酒屋があります。
1軒目は、新勝寺からすぐの場所にある、蔵元直営のお店。
2018年12月30日6成田山新勝寺
メインブランドは、不動というお酒です。
2018年12月30日7成田山新勝寺
2軒目も蔵元直営、長命泉
2018年12月30日8成田山新勝寺
店舗前には、限定発売のお酒がズラリと並んでいます。
2018年12月30日9成田山新勝寺
よく売れているようで、店員さんがひっきりなしに、商品の補充をしていました。
2018年12月30日10成田山新勝寺
お酒を買い込んだ後は、少し遅めの昼食にします。
参道の入り口にある「三はし」さんへ。
2018年12月30日11成田山新勝寺
お昼の営業終了間際だったので、並ばずに入店できました。
2018年12月30日12成田山新勝寺
三はし」さんのメニュー。
うな重の項をご覧ください。
松・竹・梅などという、ランク分けはありません。潔し。
2018年12月30日13成田山新勝寺
もちろん注文したのは、松竹梅いずれでもない「うな重
柔らかすぎず、適度にパリッと香ばしい焼き目のついた
とても美味しい一品でした。
2018年12月30日14成田山新勝寺
お腹も一杯になり、帰路につきます。
2018年12月30日15成田山新勝寺
グリーン車には
2018年12月30日16成田山新勝寺
車内販売があるのも、魅力ですね。
2018年12月30日17成田山新勝寺
これにてOつがいの2018年は、ようやく終了。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 成田  成田山新勝寺  長命泉  不動  三はし  うな重 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2018年太宰府・宗像12/24-9-  

ビール休憩の後は、夕食です。
年末で空港中が混み合う中、博多らしいお店を探して
やりうどん」さんへ。
2018年12月24日9福岡空港
なんとハッピーアワーだったため、もう一杯ビールを。
最初から、ここに直行すればよかったな〜。
2018年12月24日10福岡空港
ビールのつまみに、とり天
2018年12月24日11福岡空港
ごぼうスティックを注文。
2018年12月24日12福岡空港
ビールがなくなったので、日本酒に合いそうな、鰹の酒盗も追加。
2018年12月24日13福岡空港
日本酒は、福岡のお酒「田中六五」をいただきます。
2018年12月24日14福岡空港
搭乗時間も近づいてきました。
シメにO夫は、明太丸天うどん
2018年12月24日15福岡空港
Oつまは、あおさうどんを頼みました。
2018年12月24日16福岡空港
うどんは九州らしく、柔らか目ながら、出汁としっかり絡み合い
とても美味しいです。
2018年12月24日17福岡空港
ごちそうさまでした〜。
サクッとお土産を物色したら、早めに保安検査場へ。
2018年12月24日18福岡空港
帰りの飛行機も、混んでいるかな?
2018年12月24日19福岡空港
やっぱり。ほぼ満席です。
2018年12月24日20福岡空港
少し遅れましたが、無事羽田に到着。
2018年12月24日21福岡空港
お疲れ様でした〜。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: やりうどん  鰹の酒盗  田中六五  明太丸天うどん  あおさうどん  とり天  ごぼうスティック 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2018年太宰府・宗像12/24-8-  

宮地嶽神社を出発し、福間駅に到着。
ここで、1日お世話になった、タクシーの運転手さんとお別れ。
おかげさまで、とても充実した宗像の旅となりました。
2018年12月24日1福岡空港
ここから、博多へ移動します。
2018年12月24日2福岡空港
博多駅に到着。
2018年12月24日3福岡空港
JRから地下鉄に乗り換えるため、地下街へ。
2018年12月24日4福岡空港
地下鉄に乗り
2018年12月24日5福岡空港
福岡空港に到着する頃には、かなりの人出でした。
2018年12月24日6福岡空港
まずは、チェックイン。
2018年12月24日7福岡空港
タクシー移動とはいえ、1日みっちり見学をしたので
さすがに疲れました。
ビールを飲んで、一休み。
2018年12月24日8福岡空港
休憩を終えたら、お土産を購入して、夕食です。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 宮地嶽神社  福間  博多  福岡空港 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2018年太宰府・宗像12/24-7-  

今回最後の観光地は、宮地嶽神社
神功皇后が新羅出兵のおり、この地で戦勝祈願をしたのが始まりと言われ
宗像大社に並び、参拝客の多いお社です。
2018年12月24日1宮地嶽神社
楼門の隙間から、見えているのは
2018年12月24日2宮地嶽神社
出雲大社のしめ縄に匹敵する迫力の、御本殿のしめ縄。
(実際は、出雲大社の方が一巻き多いそうです。)
2018年12月24日3宮地嶽神社
御本殿の脇にある、開運殿の前には
2018年12月24日4宮地嶽神社
境内に散在する、奥之宮八社の案内が。
その由緒から、今では開運・商売繁盛から恋愛成就まで
様々なご利益が得られる、と言われているそうです。
2018年12月24日5宮地嶽神社
こちらは、宮地嶽神社の黄金の屋根。
本殿の御遷座80年の節目に、葺き替えられました。
光り輝く屋根は、チタン製だそう。
2018年12月24日6宮地嶽神社
Oつがいが目指すのは、奥之宮八社のさらに奥にある、奥之宮不動神社です。
2018年12月24日7宮地嶽神社
いくつもの鳥居をくぐり
2018年12月24日8宮地嶽神社
3分ほどで、奥之宮不動神社に到着しました。
2018年12月24日9宮地嶽神社
奥之宮不動神社の裏手は、古墳になっており、神社はそのまま
宮地嶽横穴式石室古墳の入り口となっています。
この周辺からは、馬具やガラス板・ガラス玉などが出土し、なんと全てが
国宝に指定されています。
また同じく発見された火葬墓からは、8世紀前半の骨蔵器も見つかっており
当地の権力者とヤマト政権との、深い関わりが指摘されています。
2018年12月24日10宮地嶽神社
近年、日本中で人気の赤い鳥居をくぐり
2018年12月24日11宮地嶽神社
奥宮稲荷神社も、お参りして
2018年12月24日12宮地嶽神社
御本殿まで戻ってきました。
最後に、宮地嶽神社を一躍有名にした、階段へ。
2018年12月24日13宮地嶽神社
ここは、某人気アイドルグループが、某大手航空会社のCMロケをした場所で
年に2回、この写真のように、光の道が見られます。
2018年12月24日14宮地嶽神社
宮地嶽神社では、この時期に合わせて、夕日の祭が開かれています。
とにかく大人気だそうで、以前は無料で座れた、この階段も
今や一番上の特等席は、ご祈祷料を払った方しか入れないそうです。

某人気アイドルグループが植樹した、桜の木。
盗まれてしまうかもしれないので、グループ名は、あえて伏せているそうです。
2018年12月24日15宮地嶽神社
これにて、宗像・沖ノ島関連遺産群をめぐる1日旅行は終了。
博多に戻ります。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 宮地嶽神社  出雲大社  開運殿  奥之宮八社  奥之宮不動神社  宮地嶽横穴式石室古墳    光の道  宗像・沖ノ島関連遺産群 

[edit]

trackback: -- | comment: 0